Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<上海で浴びた洗礼>
八村塁「それでも世界に近づいている」

posted2019/09/24 08:00

 
<上海で浴びた洗礼>八村塁「それでも世界に近づいている」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

W杯では3戦全敗で1次ラウンド敗退という厳しい現実、世界との差を見せつけられた。その危機感が今後の進化の鍵を握る。(Number986号掲載)

 日本は、確実に世界に近づいている。

 21年ぶりに自力出場したFIBAワールドカップだったが、日本代表は上海で行われた1次ラウンド3試合すべてで2桁の点差をつけられて敗れた。トルコに19点差、チェコに13点差、そして、世界王者アメリカには53点差の惨敗だった。

 それでも「世界に近づいている」と感じた理由のひとつに“笑顔”があった。日本がアメリカに敗れた後、両チームがコート上で挨拶を交わす中で、アメリカ代表ヘッドコーチ(HC)のグレッグ・ポポビッチは、八村塁の前で足を止めた。何やら話しかけ、ポポビッチも八村も満面笑顔となった。

 試合後の会見で、笑顔の理由をポポビッチHCに聞いた。

「彼がドラフトのワークアウトでサンアントニオに来たときの話をしていた。彼はとても人柄がよく、賢い若者で、彼が来てくれたときには楽しい時間を過ごしたんだ。そういったことを思い出して話していた」

 今年6月のNBAドラフト全体9位でワシントン・ウィザーズに指名された八村。ドラフト前には多くのチームからワークアウトに呼ばれたのだが、実際に訪れたチームのひとつが、ポポビッチがヘッドコーチを務めるスパーズだったようだ。八村は、以前から教わりたいコーチとしてポポビッチの名前をあげてもいた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1460文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

八村塁

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ