“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

注目校が分散した甲子園組み合わせ。
星稜や期待の東北勢初戦を大展望! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/08/05 16:00

注目校が分散した甲子園組み合わせ。星稜や期待の東北勢初戦を大展望!<Number Web> photograph by Kyodo News

佐々木朗希を擁する大船渡を破って甲子園に出場する花巻東。初戦は2013年大会でも対戦している鳴門と戦う。

投手陣と守備が安定する2校。

 投打ともに飛び抜けた選手はいないが、仙台育英と聖光学院にも期待が持てる。

 仙台育英は宮城大会決勝で宿命のライバル、東北と15−10という乱打戦を演じたが、それ以外の5試合での失点はわずかに4という安定した投手陣と守備に注目。

 聖光学院は昨年夏初戦敗退するも、小園海斗(広島)を擁した報徳学園を2−3とあと一歩のところまで追い詰めたチームだ。この試合を経験した選手は小室智希(3年)ただ1人で、今年の投手陣には衛藤慎也(現・関西学院大学)のようなエース級は見当たらないが、福島大会6試合を失点4で切り抜けた守備力の高さがある。

鳴門と花巻東は'13年にも対戦。

 私が注目する東北勢の4校の初戦は、八戸学院光星が誉(愛知)、仙台育英は飯山(長野)といずれも初出場校を迎え撃ち、花巻東は鳴門(徳島)、聖光学院は海星(長崎)と実力校との対戦となった。

 鳴門対花巻東は2013年夏の大会準々決勝でぶつかっており、そのときは花巻東が5−4で辛勝した。

 この試合、花巻東は8回表に二塁走者がサイン盗みを疑われ審判に注意されたり、その直後に5番打者の打球が一塁ベースに当たって右前打となり同点、さらに続く6番、7番打者が連打で続き、鳴門のエース・板東湧梧(現・ソフトバンク)を攻略したという印象深い試合であった。

 今年はどんなドラマが待ち受けているのか、待ち遠しい。

高校野球が教えてくれた。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 983

高校野球が教えてくれた。

夏の高校野球特集、第1弾!

【スペシャル2大インタビュー】 大谷翔平&菊池雄星「僕らが花巻東で学んだこと」
【我らの「大阪桐蔭」論】 根尾昂/中田翔/西岡剛
【最強高校の遺伝子】 横浜高校/広陵高校/PL学園
【最多勝&本塁打王のルーツ】 菅野智之/山川穂高
【独占インタビュー】 村田諒太「王座奪回を語る」

特別定価:本体574円+税目次ページへ

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

霞ヶ浦高校
履正社高校
星稜高校
近江高校
東海大相模高校
明石商業高校
花咲徳栄高校
八戸学院光星高校
花巻東高校
仙台育英高校
聖光学院高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ