“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

注目校が分散した甲子園組み合わせ。
星稜や期待の東北勢初戦を大展望! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/08/05 16:00

注目校が分散した甲子園組み合わせ。星稜や期待の東北勢初戦を大展望!<Number Web> photograph by Kyodo News

佐々木朗希を擁する大船渡を破って甲子園に出場する花巻東。初戦は2013年大会でも対戦している鳴門と戦う。

注目の奥川は旭川大高と対戦。

 同日の第3試合には大会屈指の好投手、奥川恭伸(3年)を擁する星稜(石川)が登場。旭川大高(北北海道)と対戦する。

 エース奥川は春の選抜大会1回戦でも履正社相手に被安打3、与四死球1、奪三振17という完璧なピッチングを見せて完封した。

 なかでも強打のクリーンアップの面々から7つの三振を記録しているところが目を引いた。履正社3番・小深田大地にはフォークボールとストレート、4番・井上広大にはストレートとスライダー、5番・内倉一冴にはスライダー、チェンジアップ、フォークボールとそれぞれ異なる球種で三振を奪っているところが奥川の持ち味を物語っている。

 小学生のころからバッテリーを組む山瀬慎之助(3年)との相性も抜群だ。

近江の技巧派・林は強打の東海大相模と。

 大会6日目は好カードが並んだ。

 まず、第2試合の近江対東海大相模。

 近江には昨年夏の選手権8強進出の原動力となった左腕・林優樹(3年)が健在。金足農戦では吉田輝星(日本ハム)の最速145キロに対し、ストレートは130キロ程度だったが、縦から鋭く落ち込んでくるカーブを高低と内外に投げ分けて相手打線を翻弄。9回裏、まさかの2ランスクイズでサヨナラ負けしたが、魔術的なピッチングは強く印象に残った。

 対する東海大相模は、今年の神奈川大会決勝で“公立旋風”を巻き起こした相模原を11−2で破り、日大藤沢相手に大会決勝最多となる24得点を挙げて勝ち抜いてきた。大会通算11本塁打は八戸学院光星の15本、智弁学園の12本に次いで出場校中3位(星稜と同数)。とくに中学生時代から高い評価を得てきた山村崇嘉、西川僚祐、鵜沼魁斗の2年生トリオが、3人だけで8本を打っているのが目を引く

【次ページ】 2年生エースに立ちはだかる超強力打線。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

霞ヶ浦高校
履正社高校
星稜高校
近江高校
東海大相模高校
明石商業高校
花咲徳栄高校
八戸学院光星高校
花巻東高校
仙台育英高校
聖光学院高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ