“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

注目校が分散した甲子園組み合わせ。
星稜や期待の東北勢初戦を大展望!

posted2019/08/05 16:00

 
注目校が分散した甲子園組み合わせ。星稜や期待の東北勢初戦を大展望!<Number Web> photograph by Kyodo News

佐々木朗希を擁する大船渡を破って甲子園に出場する花巻東。初戦は2013年大会でも対戦している鳴門と戦う。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせが決まった。

 今大会の出場校では関東と近畿に有力校が出揃った。

「東」は霞ヶ浦(茨城)、作新学院(栃木)、前橋育英(群馬)、習志野(千葉)、花咲徳栄(埼玉)、東海大相模(神奈川)、関東一(東東京)。「西」は近江(滋賀)、履正社(大阪)、明石商(兵庫)、智弁和歌山(和歌山)という具合だ。

 これらの有力校が、前評判の高い学校との激突を避けて「うまい具合に散ったな」というのが抽選を終えた後の第一印象である。

好投手対決となる霞ヶ浦と履正社。

 それでも1回戦の有力校同士のぶつかり合いはある。

 2日目第1試合の霞ヶ浦対履正社はともに好投手を擁し、目の離せない一戦になりそうだ。

 霞ヶ浦のエース・鈴木寛人(3年)は茨城大会決勝の常磐大高を被安打1、与四死球0、奪三振8で完封している本格派右腕で、ストレートの最速は148キロ。ただ、ワンマンチームと思われがちだが、2年生左腕の山本雄大も鈴木以上の安定感を見せている。準々決勝の石岡一戦で先発した山本は対するプロ注目の岩本大地と投げ合い、5回を1失点に抑えて勝利を呼び込んだ。

 一方、履正社もエースの左腕・清水大成(3年)と右腕・岩崎峻典(2年)の2枚看板で大阪大会の7試合を8失点に抑えている。この投手陣に、大阪大会の打率.367を誇る強力打線が絡むとなれば、総合力では霞ヶ浦をやや上回る。

 とくにチーム最多の4本塁打を放った4番・井上広大(3年)の強打は大会屈指と言ってもいいだろう。

【次ページ】 注目の奥川は旭川大高と対戦。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

霞ヶ浦高校
履正社高校
星稜高校
近江高校
東海大相模高校
明石商業高校
花咲徳栄高校
八戸学院光星高校
花巻東高校
仙台育英高校
聖光学院高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ