ぶら野球BACK NUMBER

平成と令和をつなぐ2019開幕戦。
因縁多き、広島vs.巨人をぶらり。

posted2019/04/02 15:00

 
平成と令和をつなぐ2019開幕戦。因縁多き、広島vs.巨人をぶらり。<Number Web> photograph by Yasutaka Nakamizo

開幕戦に沸き、お祭りモードのマツダスタジアム。野球文化が広島の街に定着したことを改めて実感した。

text by

中溝康隆

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

PROFILE

photograph by

Yasutaka Nakamizo

 春が来た。平成から令和へと球史をつなぐ新シーズンも開幕である。

 プロ野球開幕がなぜこんなに心躍らせるかと言ったら、すべては1年ごとにリセットできるからだ。また新たに0勝0敗からのスタート。

 残念ながら俺らの人生はそうも言っていられない。3月29日には仕事のミスも借金もチャラになりますなんてことはない。会社の朝礼でそんなオールゼロ宣言をかましたら社会人失格だろう。しっかり責任を取れよと。ならば、せめて野球ぐらいは気持ち新たに楽しみたいものだ。

 よしいくぞ、東京ドーム……。

 って巨人は11年ぶりのビジター開幕戦。いきなり昨季2勝9敗1分けと大きく負け越した鬼門マツダスタジアム3連戦である。しかも、4年ぶりに復帰した原辰徳が指揮を執り、ストーブリーグにFA移籍した丸佳浩とその人的補償・長野久義を巡る因縁もある。これは現地に行くしかない。今年もぶらり春の野球遠征に出掛けよう。

完全アウェーも、ファンは余裕?

 3月29日午後、新幹線で広島駅に到着すると、やはりいきなりあたり一面真っ赤だ。

 昨秋にクライマックスシリーズで来たときと同じく、コンビニ店員はカープユニフォームで接客し、いたるところで「カープ観戦ペアチケット」の応援フェアを実施中。広島県下のエディオンで、1000台限定のカープポータブル冷温庫が税別1万9800円で売っているらしい。覚悟はしてきたが、ホテルのフロントからスタジアムまでの道のり、三塁側の内野席もみんなカープユニで巨人ファンはほとんど見当たらない完全アウェーの風景だ。

 だが、不思議とアンダーアーマーのジャイアンツパーカーを着ていても緊張感のようなものはほとんど感じなかった。さすがV3の余裕。プロ野球も人間も物事が上手くいっている時は心に余裕がある。巨人ファンもV3時代はそうだった(遠い目)。

【次ページ】 丸と長野への大歓声。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

丸佳浩
長野久義
小園海斗
大瀬良大地
菅野智之
広島東洋カープ
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ