プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人は「恐怖」でチームを劇的改革。
“鬼になった”原監督の采配とは?

posted2019/04/01 16:00

 
巨人は「恐怖」でチームを劇的改革。“鬼になった”原監督の采配とは?<Number Web> photograph by Kyodo News

叱る時は叱るが、褒める時はその何倍も笑顔で褒める原辰徳監督。3月30日の広島戦、試合後の選手を労うシーン。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 100の言葉よりも1つのサインが、昨年までとの違いを選手に強烈に焼き付けたはずだ。

 そのサインが出たのは3月30日の土曜日、広島との開幕シリーズ第2戦のことである。

 4-2と2点をリードした9回。2つの四球でつかんだ無死一、二塁のチャンス。そこで三塁側ベンチに陣取る巨人・原辰徳監督の手が動いた。

 打席の坂本勇人内野手が三塁コーチャーのサインを覗き込む。そうして打席に入ると、構えたバットのヘッドに右手を添えて動かした。

 送りバントである。

 なに食わぬ顔で坂本がサイン通りに投手前にボールを転がす。送りバントは成功した。

 そうして続く丸佳浩外野手も歩いた満塁から、4番・岡本和真内野手の内野ゴロでダメ押しとなる5点目が入った。

坂本へのバント指示は2年ぶり。

「私の中ではゲームを支配するための最善策ということです」

 試合後にその場面への質問が飛ぶと「それがなにか?」といった表情で指揮官は、サインの意図をこう説明した。

 ただ坂本に送りバントのサインが出たのは2年前の2017年、シーズン終盤の9月12日の阪神戦以来のことだった。もっと言えば高橋由伸前監督時代の3シーズンで、坂本に送りバントのサインが出たのは、そのときを含めてわずか2回しかない。

 それがいきなり開幕2戦目、である。

 しかも伸るか反るかの同点や負けている場面ではない。リードしてダメ押し点を取りにいくシチュエーションで容赦なく出されたサインだったのである。

【次ページ】 「巨人が変わる」ことを示した。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原辰徳
坂本勇人
ゲレーロ
藤田元司
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ