Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ヒーローの宿命>
斎藤佑樹「プライドを失いたくなかった」

posted2019/04/03 11:15

 
<ヒーローの宿命>斎藤佑樹「プライドを失いたくなかった」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

甲子園の優勝から4年の時を経て、プロの世界へ足を踏み入れた。 大学進学の意味、ライバルとの投げ合い、そして震災――。 プロ9年目を迎えた今、喧騒の中にいた当時の心境を明かした。

 ハンカチ王子だと騒ぎ立てる世の中の、度が過ぎた熱から身を守るために、彼は頑丈な殻で身を守るより他に術がなかった。

「外が見たくないわけじゃなくて、外は見たいんだけど、開けたくないんです」

 2011年2月、晴れた沖縄の名護。ホテルの窓にかかったレースのカーテンを開ければ、エメラルドグリーンの海が見える。しかし、斎藤佑樹はキャンプが終わるまで、カーテンを開けることはなかった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

斎藤佑樹
北海道日本ハムファイターズ
早稲田実業高校
早稲田大学
田中将大

プロ野球の前後のコラム

ページトップ