甲子園の風BACK NUMBER

100回目の夏、56校すべてを観戦。
ブラバン応援ベスト10を発表! 

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph byYukiko Umetsu

posted2018/08/22 17:00

100回目の夏、56校すべてを観戦。ブラバン応援ベスト10を発表!<Number Web> photograph by Yukiko Umetsu

DA PUMPの『U.S.A.』を応援歌に取り入れた大阪桐蔭。野球だけでなく吹奏楽部も超一流の演奏を大会中ずっと披露し続けた。

PLのあの曲が再び甲子園で聞ける!

8位 高岡商『The Horse』

 マーチングなどで使われる同曲を、「T・A・K・A・S・H・O!」とアルファベットで校名をコールし、野球部、吹奏楽部ともにキビキビと動きながら応援する姿や、野球部がメガホンをたたく合いの手など、息ぴったりの見事な一体感。躍動感があふれ、まるでひとつのショーを観ているかのようなクオリティの高さ、そして演奏のうまさに釘付けに。

 青春のエネルギーに満ちた名物応援は、何度観ても惚れ惚れするほど美しくカッコいい。

7位 旭川大『仁義なき戦い』

 史上初のタイブレークに突入した大会2日目の第4試合、佐久長聖(長野)-旭川大(北北海道)。ナイターに突入し、延長14回までもつれた3時間を超える熱戦で旭川大アルプスから鳴り響いたのが、映画『仁義なき戦い』のテーマだ。

 若さあふれる高校生が奏でる伝説のヤクザ映画のテーマというマッチングの妙が、甲子園をざわつかせた。30人とは思えない勢いのある演奏も素晴らしかった。

6位 佐久長聖『ヴィクトリー』

 桑田・清原の「KKコンビ」の活躍で全国制覇した際、何度もテレビ中継で流れたPL学園の『ウィニング』と『ヴィクトリー』。硬式野球部が休部となった今、もう甲子園で聴くことが出来ないであろうと思われたこの2曲が流れ、目頭が熱くなった。

 藤原弘介監督と岸田健人コーチがPL学園出身だったことから、野球部が吹奏楽部に相談。吹奏楽部顧問の小林通宏氏がPL学園に演奏許可をとったところ、楽譜一式が送られてきたという経緯があり、あの名応援曲を正式に継承することとなった。

【次ページ】 超伝統校の応援歌も変わらぬ人気。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

報徳学園高校
藤蔭高校
高岡商業高校
旭川大高校
佐久長聖高校
浦和学院高校
龍谷大平安高校
大阪桐蔭高校
金足農業高校
近江高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ