甲子園の風BACK NUMBER

100回目の夏、56校すべてを観戦。
ブラバン応援ベスト10を発表! 

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph byYukiko Umetsu

posted2018/08/22 17:00

100回目の夏、56校すべてを観戦。ブラバン応援ベスト10を発表!<Number Web> photograph by Yukiko Umetsu

DA PUMPの『U.S.A.』を応援歌に取り入れた大阪桐蔭。野球だけでなく吹奏楽部も超一流の演奏を大会中ずっと披露し続けた。

野球部考案の歌詞も秀逸な、あの高校が1位!

2位 金足農『Gフレア』

 金足農アルプスから何度も流れてきたのが、読売ジャイアンツのチャンステーマ『Gフレア』だ。野球部の控え部員に話を聞いたところ、「県大会で秋田北鷹高校と対戦した際、相手が使用していたのがカッコよくて取り入れた」という。冒頭部分を「pp(ピアニッシモ)」で演奏し、中盤で「fff(フォルティッシッシモ)」まで一気にボリュームアップさせるという演出で、半端ではない迫力と一体感が印象的だった。

 同曲のほか、秋田県内のほとんどの学校が応援曲に使うジャズのスタンダードナンバー『タイガーラグ』もチャンステーマとして使用。農業関連学科があるつながりで、兵庫県の有馬高校吹奏楽部も友情応援に駆けつけ、息の合った素晴らしい演奏を繰り広げた。

1位 近江『Fireball』

 今年の選抜から、応援曲を洋楽にフルリニューアル。なかでもランナー二塁時のチャンステーマ、Pitbullの『Fireball』が人気を呼んでいる。

 英語のラップ部分を、「今日の主役はどこですか」「近江高校!」というコール&レスポンス形式の替え歌にして歌うのだが、野球部が考案したこの歌詞が秀逸で、今大会でさっそく真似をする学校が登場。

 松村良樹校長も大変気に入っており、生徒たちと一緒にメガホンでコールしていた。校内でも大評判で、秋の文化祭のテーマも『Fireball』に決定した。

 他にも名応援はたくさんあり、思い出しつつ振り返るだけでも楽しく、幸せな気持ちになる。

 吹奏楽部出身としては、「吹奏楽部が来てくれるとテンションが上がる」「バッターボックスで吹奏楽部の演奏を聞いていると、気持ちが落ち着いた」と野球部の皆さんが言ってくれるのがとてもうれしく、改めて「吹奏楽にこんな力があったんだ」と実感する場面が多々あった。

 高校野球に欠かせない吹奏楽の応援。

 101回目の大会でも、また素晴らしい演奏に出会えることを心から願っている。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

報徳学園高校
藤蔭高校
高岡商業高校
旭川大高校
佐久長聖高校
浦和学院高校
龍谷大平安高校
大阪桐蔭高校
金足農業高校
近江高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ