ぶら野球BACK NUMBER

宇都宮餃子と岡本和真のHRを堪能!
風に吹かれて男のぶらり野球ふたり旅。 

text by

中溝康隆

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

PROFILE

photograph byYasutaka Nakamizo

posted2018/06/03 11:30

宇都宮餃子と岡本和真のHRを堪能!風に吹かれて男のぶらり野球ふたり旅。<Number Web> photograph by Yasutaka Nakamizo

宇都宮駅前にはドーンと「ようこそ! 餃子の街へ!」という看板が。餃子をガッツリ食べて野球観戦……至福である。

男ふたり、風に吹かれて野球観戦。

 5回終了時にはライト後方に花火が打ち上がり、巨人の二塁手・吉川尚輝が自慢の守備範囲でファインプレーをすると、少年が「テレビで見るより速いね!」と興奮を隠せない。

 だろ? カープの菊池涼介も凄いけど吉川も負けてないよ。なんてこっちまで嬉しくなる。俺も伊賀氏もここまで来たら真剣に野球が見たいと、アルコール類は一切飲まなかった。お茶を片手に、男ふたり、風に吹かれて野球観戦。

 NO BASEBALL NO LIFE.

 5-0で巨人リード、山口俊は完封ペース。「あとはホームランが出たら文句なしっすね」と欲張りな願望を話していたら、8回裏に右打席の岡本和真が本当にレフトスタンドへ特大の9号3ランアーチをかっ飛ばした。

 漆黒の夜空に白球が舞い上がり、無数の絶叫と拍手が降り注ぐ。

 余計なものなど何もない。完璧だ。

 この一発を見れただけで、宇都宮まで来て良かったと思った。

 旅を終え、東京駅に新幹線が着いたのは23時44分。「じゃ、また」と別々の方向の電車に乗り、それぞれの日常に戻る。

 さあ、明日からまた仕事だ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
伊賀大介
読売ジャイアンツ
広島東洋カープ
吉川尚輝
山口俊
岡本和真

プロ野球の前後の記事

ページトップ