プレミアリーグの時間BACK NUMBER

伏兵セビージャにCLベスト16で敗退。
マンUモウリーニョは賞味期限切れ? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/17 09:00

伏兵セビージャにCLベスト16で敗退。マンUモウリーニョは賞味期限切れ?<Number Web> photograph by Getty Images

浮かない表情を浮かべるモウリーニョ。ユナイテッド復権は長期的スパンで考えるほかなさそうだ。

ダービーでの優勝決定だけは許せない。

 大物監督が率いるビッグクラブが、ビッグマッチで敗れたとなれば仕方ないのかもしれない。だが今季のユナイテッドには、モウリーニョへの「過去の監督」扱いを打ち消す白星も複数あるのだ。

 そこで注目されるのが、4月7日の第33節で実現するマンチェスター・ダービーでの戦いぶりである。ホームでユナイテッドを迎え撃つシティは、この一戦でリーグ優勝が決まる可能性が高い。

 ただユナイテッドにすれば、ダービーに敗れての地元ライバル戴冠など、絶対に目の当たりにしたくはないだろう。つまり、モウリーニョ流の負けない戦い方が肯定的に受け止められる公算は大きい。

 誇り高き指揮官自身も、敵に隙を与えずに守りながら、虎視眈々とカウンターで結果をもぎ取ろうとする戦術を徹底すると思われる。

 ユナイテッドのプライドを懸けた意地の大一番で結果を出せば、その3週間ほど前にセビージャに喫した敗北も忘れ去られるかもしれない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジョゼ・モウリーニョ
マンチェスター・ユナイテッド
ジョゼップ・グアルディオラ
マンチェスター・シティ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ