ぶら野球BACK NUMBER

“巨人史上最強助っ人”の素顔。
ウォーレン・クロマティを読む。 

text by

中溝康隆

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

PROFILE

photograph byMakoto Kenmisaki

posted2017/07/27 07:30

“巨人史上最強助っ人”の素顔。ウォーレン・クロマティを読む。<Number Web> photograph by Makoto Kenmisaki

名前を聞いたら誰でも思い出すであろう、あの人懐っこい笑顔――チューインガムも、その象徴だった。

『さらばサムライ野球』はジャンルを越えた名作。

 この感覚は助っ人選手だけのものではないと思う。

 例えば、誰もが経験する実家を出ての初めてのひとり暮らし。

 最初は知らない街で人のいない部屋に帰るのが寂しかったのに、やがて駅前の商店街の店での買い物やワンルームマンションの一室が心地良く感じられるあの感じ。ようやく、自分はこの場所に受け入れられた。それだけで世界が変わって見えたものだ。

『さらばサムライ野球』は巨人軍で成功したヒーローの物語ではない。日本人もアメリカ人も関係ない。

 ウォーレン・クロマティというひとりの男の7年間の挑戦と成長を追った一冊であり、人間の普遍的な葛藤を描いた名作だと思う。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
ウォーレン・クロマティ
読売ジャイアンツ
王貞治
原辰徳
中畑清
高倉健
トム・セレック
江川卓
桑田真澄
モントリオール・エクスポズ
レジー・スミス
星野仙一

プロ野球の前後の記事

ページトップ