“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

10年ぶりのU-20W杯は超重要!
五輪の比じゃない世界の真剣度。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/10/25 12:00

10年ぶりのU-20W杯は超重要!五輪の比じゃない世界の真剣度。<Number Web> photograph by AFLO

試合後、歓喜に沸くU-19イレブンとそのスタッフたち。U-20W杯大会に前回出場した内田篤人、香川真司世代からすでに10年が経過していた。

U-19日本代表の選手達は、すでに世界を見据えている。

「来年、世界で戦う上で、この怪我はサッカーの神様から送られたメッセージだと思います。今のままでは世界を相手に戦えないし、今後はもっと状況判断だったり、プレーの質を上げていかないといけないし……あと『身体作りをもっと一生懸命やれ』というメッセージでもあると思う。なので、帰国したらすぐに自分自身と向き合って取り組んでいきたい」

 第2戦のイラン戦で左ひざを骨折し、タジキスタン戦は松葉杖をつきながら戦況を見つめ、一足早く帰国することになった神谷の眼には、はっきりと世界への道が映し出されていたように思う。

 かくして道は開かれた。

 後は何人の選手がその道をしっかりと踏みしめ、より上に駆け上がって行くのか。まだAFC U-19選手権は終わっていない。

 彼らが次に目指すのは、過去日本が辿り着けなかったアジアチャンピオンに座すること。そして、どんな形であれ今大会が終わる瞬間に、再び成長を競うレースの号砲が鳴らされる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

岩崎悠人
小川航基
堂安律
三好康児
ケレチ・イへアナチョ
セルヒオ・アグエロ
森山佳郎
内山篤
中山雄太
冨安健洋
神谷優太
市丸瑞希

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ