プロ野球PRESSBACK NUMBER

NumberWeb版、プロ野球順位予想!
2014年のセ・パ。優勝、CS争いは? 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2014/03/26 10:50

NumberWeb版、プロ野球順位予想!2014年のセ・パ。優勝、CS争いは?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

昨年、球団初のリーグ優勝&日本一を成し遂げた楽天ゴールデンイーグルス。今年この旗を手にするのはどのチームになるだろうか。

いよいよ今週末、28日に2014年のプロ野球が開幕します。
連覇を目指すチーム、エースを失ったチーム、巨大補強に成功したチーム。
各球団がそれぞれに昨年の結果を受け止め、この時を待っていました。
そこで、Numberが誇る4人の野球ライターが今年のセ・パを大予想。
秋まで続く144戦、果たして最後に笑うのはどのチームなのでしょう。

<鷲田康>

 セ・リーグの本命・巨人はここ数年で最も不安要素が多い開幕となる。

 先発陣では新加入のセドンがちょっと厳しそうで、若手の宮國も伸び悩み。内海と杉内に勤続疲労が見え、頼りは菅野一人というのが実情だ。加えて、鉄腕・山口の調整遅れも非常に気にかかる。ただ、だからといって対抗馬がいるかと言えば、そこが見当たらない。消去法で巨人を一番手に挙げざるをえないというところだろう。

 逆にCS圏内のAクラスとなると、こちらは混戦となりそうだ。期待は中畑DeNA。バルディリスの入った打線は強力だし、移籍のベテラン高橋尚と久保の活躍次第で3位は見えるはずだ。

 先発の大竹が抜けたが、投打に大幅な戦力ダウンがない広島も圏内だろう。逆に苦しいのは阪神、中日、ヤクルト。阪神は先発陣が明らかな駒不足。投打に下降線の中日は浅尾の離脱が致命傷とみる。昨年最下位で目立った補強もなしのヤクルトには上がり目がない。

 一方のパ・リーグは、30億円補強のソフトバンクに死角がなく、鉄板の優勝候補。実質は攝津一人だった先発陣に中田、スタンリッジ、ウルフを獲得。また昨年は4番のOPSがリーグ最低だったところを李大浩獲得で充填した。長谷川、内川に柳田、中村と充実の陣容は12球団随一である。

 ロッテもAクラスが見えている。ルーキー・石川は2ケタ勝利も期待でき、涌井に成瀬、唐川、古谷などの先発陣に加えリリーフも充実。伊東監督の守りの野球の下地は出来た。

 残る楽天、西武、日本ハムにオリックスの4チームはどこがAクラスに食い込んでもおかしくない混戦模様だ。ただ、田中とマギーという投打の柱を失った昨年の覇者・楽天のダメージは想像以上では……。

 となると先発固定の大谷の活躍次第では日本ハムの浮上も見えてきそう。主力がごっそり抜けた西武は、オープン戦不振だった打線がどこまで復活できるか。オリックスは投手陣の踏ん張り次第だが、李大浩、バルディリスの流出は致命的か。

セ・リーグ
1位:巨人
2位:広島
3位:DeNA
4位:阪神
5位:中日
6位:ヤクルト

パ・リーグ
1位:ソフトバンク
2位:ロッテ
3位:日本ハム
4位:楽天
5位:西武
6位:オリックス

【次ページ】 プロ野球予想は、いわば「6連単」の1点買い。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

読売ジャイアンツ
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
阪神タイガース
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
福岡ソフトバンクホークス
千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ