著者プロフィール 

鷲田康Yasushi Washida

1957年埼玉県生まれ。慶應義塾大学卒業後、報知新聞社入社。およそ10年にわたり読売ジャイアンツ取材に携わった。2003年に独立。日米を問わず野球の面白さを現場から伝え続け、Numberほか雑誌・新聞で活躍。プロ選手によるドリームチーム初結成となった2004年のアテネ五輪、2006年のWBC第1回大会から日本代表の全試合を現地で取材してきたスポーツジャーナリスト。最新刊は『10・8 ~巨人vs.中日 史上最高の決戦~』(文藝春秋)。他の著書に『僕のメジャー日記 松井秀喜』(文藝春秋)、『ホームラン術』(文春新書)がある。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
賞金女王・鈴木愛の“職人的クラブ”。「新しくて飛ぶ」より重視するもの。

ゴルフPRESS

賞金女王・鈴木愛の“職人的クラブ”。
「新しくて飛ぶ」より重視するもの。

「特にユーティリティなどはG410がすごく飛んでいいんですけど、私はむしろ自分の描いている高さとか初速とかがバッチリ合うもの… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

女子ゴルフ

2020/02/28

巨人・原辰徳監督インタビュー(下)岡本和真ら若手と新外国人への本音。

プロ野球亭日乗

巨人・原辰徳監督インタビュー(下)
岡本和真ら若手と新外国人への本音。

「去年の2割はチーム力を増すこと。増さないと勝てないでしょう。去年と同じチーム力でやるなら、Bクラスになってしまう。去年、… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2020/02/27

巨人・原辰徳監督インタビュー(上)「“2番・坂本”を今年は投手でやる」

プロ野球亭日乗

巨人・原辰徳監督インタビュー(上)
「“2番・坂本”を今年は投手でやる」

「去年のいま頃が手探りで、ある部分、観察ということだったとすれば、今年はこの段階で6割くらいの組み立て作業の中から、スタ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2020/02/27

プロ野球公式戦は開幕できるのか?コロナの実情と東日本大震災との比較。

プロ野球亭日乗

プロ野球公式戦は開幕できるのか?
コロナの実情と東日本大震災との比較。

東京オリンピックの実施すら危ぶまれるが、仮にオリンピックが行なわれるとすれば、プロ野球の通常日程の完全消化はほぼ不可能と… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2020/02/27

求めるのは排除ではない。~車いすバスケの“健常者”の話~

Beyond The Game

求めるのは排除ではない。
~車いすバスケの“健常者”の話~

障害者と健常者は共に戦えないのか?「健常者の選手と競争することは本当に楽しい。手強いライバルになれることが、私にとってこ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

パラスポーツ

有料

2020/02/25

巨人、期待薄外国人の評価が急上昇。オタクのモタとブラジル人ビエイラ。

プロ野球亭日乗

巨人、期待薄外国人の評価が急上昇。
オタクのモタとブラジル人ビエイラ。

この時期に新外国人選手の評価で一喜一憂するのは禁物なのだ。それでもモタとビエイラはもともとの戦力構想では想定外だっただけ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2020/02/23

90年代、長嶋巨人vs.野村ヤクルト。死闘の歴史──死球、報復、乱闘も。

プロ野球亭日乗

90年代、長嶋巨人vs.野村ヤクルト。
死闘の歴史──死球、報復、乱闘も。

村田は首をすくめて避けようとしたが、ボールはヘルメットの上から左側頭部を直撃。両手で頭を抱えながらもんどりうって後ろに倒… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2020/02/14

吉岡里帆を育て、長嶋茂雄も活用。阿部慎之助二軍監督「見られる効果」

プロ野球亭日乗

吉岡里帆を育て、長嶋茂雄も活用。
阿部慎之助二軍監督「見られる効果」

見られること、注目されることで選手に活力が生まれている。そう感じるのが阿部慎之助監督が就任した二軍の練習だった。とにかく… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2020/02/07

韓国で17勝、サンチェスの実力は?巨人の先発投手“苦しい台所事情”。

プロ野球亭日乗

韓国で17勝、サンチェスの実力は?
巨人の先発投手“苦しい台所事情”。

ただ、期待は抱けるものの、日本では何の実績もないサンチェスの名前をローテーションの3番手候補として挙げなければならないと… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2020/01/31

ついに実施される「現役ドラフト」。でもこのままでは選手救済できない。

プロ野球亭日乗

ついに実施される「現役ドラフト」。
でもこのままでは選手救済できない。

もちろんこれでも出場機会に恵まれない有力選手が移籍のチャンスをつかめる可能性はないとは言わない。しかし、この規定で実効的… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2020/01/24

筒香嘉智の“ラストメッセージ”。野球をやる子供を増やす方法とは?

プロ野球亭日乗

筒香嘉智の“ラストメッセージ”。
野球をやる子供を増やす方法とは?

子供に野球をやらせると、家族も野球一色に染まってしまう、染めざるをえなくなってしまうという声を聞く。最近、筒香に届くファ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2020/01/22

スポーツの主役は道具ではない。~シューズへの注目が過剰では~

Beyond The Game

スポーツの主役は道具ではない。
~シューズへの注目が過剰では~

新春の国民的イベント箱根駅伝は、青山学院大学が2年ぶりの総合優勝を飾り大いに盛り上がった。 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

陸上

有料

2020/01/20

バースにブーマー、タフィ・ローズ。外国人も野球殿堂に入る投票方法を。

プロ野球亭日乗

バースにブーマー、タフィ・ローズ。
外国人も野球殿堂に入る投票方法を。

「タフィ・ローズが彼に相応しい敬意を得られていないことを知るのは残念なことだ」――ツイッターでこう呟いたのは、米国のスポ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2020/01/17

打てる捕手、阿部慎之助の後継者に。原監督が期待する大城卓三のノルマ。

プロ野球亭日乗

打てる捕手、阿部慎之助の後継者に。
原監督が期待する大城卓三のノルマ。

そこで原監督が冗談めかしこう問いかけたのが、大城だった。「どうだ? 10番つけてみるか?」強打の捕手として長きにわたりチー… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2020/01/03

大成への岐路に立つ巨人・戸郷翔征。真っ直ぐと「自信」をいかに磨くか。

プロ野球亭日乗

大成への岐路に立つ巨人・戸郷翔征。
真っ直ぐと「自信」をいかに磨くか。

「打たれることを怖がって、コースのギリギリを狙うようになっていくヤツはダメやな。やっぱり『打てるもんなら打ってみろ』と挑… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2019/12/29

原辰徳インタビュー(2)坂本勇人、岡本和真への「非情采配」の真意。【2019年下半期 プロ野球部門5位】

プロ野球亭日乗

原辰徳インタビュー(2)坂本勇人、
岡本和真への「非情采配」の真意。
【2019年下半期 プロ野球部門5位】

4年連続で優勝から遠ざかっているチームをV字回復させて優勝へとチームを引っぱる巨人・原辰徳監督のロングインタビュー第2回。… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2019/12/28

セ指名打者、FAの人的保障廃止……。原監督の提言と球界の事なかれ主義。

プロ野球亭日乗

セ指名打者、FAの人的保障廃止……。
原監督の提言と球界の事なかれ主義。

実はそういう事なかれ主義が、いまの球界の根底にはある。プロ野球界が抱えている現実に対して、現場の監督が口を開かなければ、… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2019/12/20

2020年のスマイルウォーズ。~渋野日向子が直面する難問~

Beyond The Game

2020年のスマイルウォーズ。
~渋野日向子が直面する難問~

笑顔と恐怖の複雑な関係を見事に描いたのは今年のヒット映画「ジョーカー」だった。緊張すると場違いな場面で笑い出してしまう中… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

女子ゴルフ

有料

2019/12/18

巨人からメジャー目指す山口俊。マウンドと“鈍感力”が意外と合う?

プロ野球亭日乗

巨人からメジャー目指す山口俊。
マウンドと“鈍感力”が意外と合う?

もう1つ、山口がメジャーで成功する要素となると思うことがある。それは山口が持ついい意味での“鈍感力”だった。マウンドの変… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2019/12/13

巨人「一軍昇格拒否事件」に見る阿部慎之助二軍監督の使命。

プロ野球亭日乗

巨人「一軍昇格拒否事件」に見る
阿部慎之助二軍監督の使命。

一軍の監督と二軍の監督が選手の昇格を巡って“ケンカ”をする。そんなことが昭和の時代にはあった。1989年の巨人は前年オフに王… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2019/11/29

『1985 猛虎がひとつになった年』

「Amazon」で購入

文藝春秋BOOKS

『1985 猛虎がひとつになった年』

猛虎80年の歴史に燦然と輝くシーズンを単行本化!

バックスクリーン3連発だけではない、日本一への軌跡をたどる。
吉田義男はこう振り返る。
「あの年はとにかく打った、打ったという話になりますが、どんな状況でも個々の選手が自分の仕事をきちっとこなしてくれた。それがあの年の阪神の強さでした」

<本体1500円+税/鷲田康・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

ページトップ