著者プロフィール 

鷲田康Yasushi Washida

1957年埼玉県生まれ。慶應義塾大学卒業後、報知新聞社入社。およそ10年にわたり読売ジャイアンツ取材に携わった。2003年に独立。日米を問わず野球の面白さを現場から伝え続け、Numberほか雑誌・新聞で活躍。プロ選手によるドリームチーム初結成となった2004年のアテネ五輪、2006年のWBC第1回大会から日本代表の全試合を現地で取材してきたスポーツジャーナリスト。最新刊は『10・8 ~巨人vs.中日 史上最高の決戦~』(文藝春秋)。他の著書に『僕のメジャー日記 松井秀喜』(文藝春秋)、『ホームラン術』(文春新書)がある。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
巨人「一軍昇格拒否事件」に見る阿部慎之助二軍監督の使命。

プロ野球亭日乗

巨人「一軍昇格拒否事件」に見る
阿部慎之助二軍監督の使命。

一軍の監督と二軍の監督が選手の昇格を巡って“ケンカ”をする。そんなことが昭和の時代にはあった。1989年の巨人は前年オフに王… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2019/11/29

韓国の「マウンドに太極旗」と同じ?スポーツの応援に旭日旗は必要なのか。

プロ野球亭日乗

韓国の「マウンドに太極旗」と同じ?
スポーツの応援に旭日旗は必要なのか。

もしスポーツの場に政治的な意味を持ち込もうとするなら、とんでもない行為である。あるいはそうやって相手を挑発し喧嘩をふっか… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

侍ジャパン

2019/11/22

「選手ファースト」の真の意味とは?~東京五輪のマラソン札幌移転について~

Beyond The Game

「選手ファースト」の真の意味とは?
~東京五輪のマラソン札幌移転について~

ドタバタの末に2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌移転が決まった。「合意なき決定だ」移転が正式決定した東京都と国際オリン… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

陸上

有料

2019/11/21

韓国を破り世界一! プレミア12で見えた東京五輪の4番、捕手、救援陣。

プロ野球亭日乗

韓国を破り世界一! プレミア12で
見えた東京五輪の4番、捕手、救援陣。

悲願の世界一奪回。指揮官が指摘したように選手の頑張りが光った大会でもあった。特に来年7月29日に開幕する東京五輪の野球競技… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

侍ジャパン

2019/11/18

プレミア12決勝の前哨戦。手の内を隠した韓国、データを集めた日本。

プロ野球亭日乗

プレミア12決勝の前哨戦。手の内を
隠した韓国、データを集めた日本。

先発を入れ替えるなど韓国が、この前哨戦で手の内を隠そうという戦略なら、日本は積極的に自分たちの野球をやるための準備に使っ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

侍ジャパン

2019/11/17

プレミア12、不調から復活の3安打!坂本勇人が天敵の残影を振り切った。

プロ野球亭日乗

プレミア12、不調から復活の3安打!
坂本勇人が天敵の残影を振り切った。

振り向いた視線の先には仲間たちの歓喜の姿があった。「ベンチでめっちゃ、みんなが喜んでくれていたんで……」こうはにかんだの… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

侍ジャパン

2019/11/14

「動くボール」攻略は3人だけ……。プレミア12米国戦敗北で見えたもの。

プロ野球亭日乗

「動くボール」攻略は3人だけ……。
プレミア12米国戦敗北で見えたもの。

この試合で放った侍ジャパンの安打は全部で7本。そのうち5本が鈴木と浅村のコンビで、シリーズを通して相手投手の動くボールを攻… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

侍ジャパン

2019/11/13

プレミア12の活躍で東京五輪でも!神足・周東佑京と甲斐野央のフォーク。

プロ野球亭日乗

プレミア12の活躍で東京五輪でも!
神足・周東佑京と甲斐野央のフォーク。

稲葉篤紀監督が世界一奪回を掲げる「プレミア12」の戦いを見るときに、必ず必要なもう1つの視点がある。それは来年に迫る東京五… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

侍ジャパン

2019/11/12

<さらばレジェンド>阿部慎之助「最強捕手のラストラン」

Sports Graphic Number Special

<さらばレジェンド>
阿部慎之助「最強捕手のラストラン」

引退を決めて臨んだ戦いを終えた背番号10は、最後までファンに愛され、相手に恐れられた。来季もまた指導者としてグラウンドに身… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

有料

2019/11/11

プレミア12、日本の4番・鈴木誠也。爆発的な数字と驚異的な“対応力”。

プロ野球亭日乗

プレミア12、日本の4番・鈴木誠也。
爆発的な数字と驚異的な“対応力”。

ベネズエラ戦でも打席を重ねるごとに足の上げ方を微調整して、日本にはない相手投手のタイミングに対応。結果的には驚異的な数字… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

侍ジャパン

2019/11/08

「東京五輪で金」への秘密兵器!高橋礼、キレと大胆さと制球力。

プロ野球亭日乗

「東京五輪で金」への秘密兵器!
高橋礼、キレと大胆さと制球力。

要はきちっとボールがコントロールできていた。星野さんが指摘した大胆さとコントロールという国際試合で必要な2つの要素を、こ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

侍ジャパン

2019/11/07

プレミア12初戦で薄氷の逆転勝利。「国際試合では逆方向」を徹底せよ!

プロ野球亭日乗

プレミア12初戦で薄氷の逆転勝利。
「国際試合では逆方向」を徹底せよ!

負けてもおかしくない試合……いや、相手投手が普通に投げていれば、負けている試合だったと言ってもいいだろう。東京五輪の予選… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

侍ジャパン

2019/11/06

山口俊「感触はいい」けど大苦戦。プレミア12、公式球の“落とし穴”。

プロ野球亭日乗

山口俊「感触はいい」けど大苦戦。
プレミア12、公式球の“落とし穴”。

NPB公式球より微妙に小さいプレミアの公式球は変化が大きいと言うのが投手陣の一致した感触だ。その分だけ普段と同じ感覚で投げ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

侍ジャパン

2019/11/03

<WBSCプレミア12プレビュー>坂本勇人「5年間の成長の軌跡」

Sports Graphic Number

<WBSCプレミア12プレビュー>
坂本勇人「5年間の成長の軌跡」

精神的に強く、野球に対する考え方は真摯で真面目。巨人軍史上最年少タイで主将に就任した坂本は、侍ジャパンでもリーダーシップ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

侍ジャパン

2019/10/31

<堀内恒夫が語る記憶>金田正一「ONと囲んだ“金田鍋”」

Sports Graphic Number Special

<堀内恒夫が語る記憶>
金田正一「ONと囲んだ“金田鍋”」

10月6日、空前絶後の通算400勝を誇る昭和の大投手が、86歳でこの世を去った。V9巨人で共に栄光を築いた堀内恒夫氏が投手として、… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

有料

2019/10/29

筒香嘉智のやる気スイッチ。~衛星放送でボンズを観た日~

Beyond The Game

筒香嘉智のやる気スイッチ。
~衛星放送でボンズを観た日~

キミのやる気スイッチはどこで入るのか? 横浜DeNAベイスターズ・筒香嘉智外野手の本気スイッチが入ったのは、中学校3年生にな… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

有料

2019/10/28

サイ・ヤング賞より歴史ある沢村賞。「該当者なし」でも規定は変えるな!

プロ野球亭日乗

サイ・ヤング賞より歴史ある沢村賞。
「該当者なし」でも規定は変えるな!

完投数とイニング数が少なすぎるということで「該当者なし」という結論に至ったという経緯だった。しかしそこで論議されているの… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2019/10/25

「出し切って動けなくなる覚悟で」菅野智之はグッドルーザーだった。

プロ野球亭日乗

「出し切って動けなくなる覚悟で」
菅野智之はグッドルーザーだった。

失投と言える失投はその1球だけで、間違いなくエースの意地とプライド、そして責任感を全うしたマウンドを見せての敗北だった。… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2019/10/24

全てナックルカーブや内角の“残像”。巨人に3連勝、ホークスの特殊配球。

プロ野球亭日乗

全てナックルカーブや内角の“残像”。
巨人に3連勝、ホークスの特殊配球。

「岡本も『こんな攻めは初めてです』というくらいに、いいバッターには徹底した意識づけをしてきている」巨人・吉村禎章打撃総合… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2019/10/23

巨人、先発不足のうえに中継ぎ崩壊。連敗からの日本一は2回だけだが……。

プロ野球亭日乗

巨人、先発不足のうえに中継ぎ崩壊。
連敗からの日本一は2回だけだが……。

巨人が連敗スタートで逆転日本一に輝いたのは、過去8回のうちわずかに2回しかない。しかしその2回のうちの1回は2000年のON対決と… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2019/10/21

ページトップ