詳説日本野球研究BACK NUMBER

2012年ドラフト会議を徹底検証。
阪神の上手い指名を初めて見た! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/10/26 12:10

2012年ドラフト会議を徹底検証。阪神の上手い指名を初めて見た!<Number Web> photograph by Kyodo News

ドラフト1位指名の抽選で12連敗中だった阪神。「これは藤浪君の運ですね。甲子園のマウンドが似合う。チームは低迷しているが、新しいチームを作っていく、その一員になってほしい」とコメントした和田監督。

上手い指名をした他の3球団の内情を見てみると……。

 上手い指名をしたと思うのは阪神を筆頭にソフトバンク、中日、DeNAである。

 ソフトバンクは1位で東浜巨(投手・亜細亜大)の交渉権を得たことが大きい。

 エース攝津正にも通じるコントロールとコーナーの出し入れを得意とし、バント処理、けん制、クイックというディフェンス面でもスキがない。入団1年目から活躍できる要素を数多く持ち、気持ちの強さも東浜の持ち味と言っていい。

 中日は地縁を前面に押し出した。

 たとえば日本ハム、広島、楽天が地元を優先する指名をしたら、それは違う、と言いたいが、中日は主力選手のほとんどが愛知球界に縁のある選手で占められている。吉見一起、岩瀬仁紀、浅尾拓也、田島慎二、山内壮馬、伊藤準規……等々。そういう地元選手の活躍が、迷いのないスカウティングになって現れている。

 福谷浩司(投手・慶応大)は先発、リリーフに可能性を見せる本格派右腕で、持ち味は打者の手元で伸びる快速球。変化球、緩急という技巧の部分に甘さを残すが、今年頭角を現した入団2年目の大野雄大を見ればわかるように、1年目からの活躍を見込まなくても済む投手力の充実がバックにある。2、3年先に目をやれば岩瀬の年齢的後退が現実的なので、その穴を埋める人材としても最適だろう。2位濱田達郎(投手・愛工大名電)まで、見事に地元路線を貫いたと感心する。

本当の成否は、1年後、5年後、10年後でまた違ってくる。

 DeNAは東浜を抽選で外して白崎浩之(遊撃手・駒沢大)を1位指名した。

 遊撃手には困っていないチーム事情だが、三塁に目をやれば筒香嘉智がディフェンス面で食い足りない。筒香のバッティングを生かすために一塁コンバートをし、後釜の三塁手に白崎をコンバートする、と考えればまったく違和感なく白崎の1位指名が受け入れられる。2位の三嶋一輝(投手・法政大)は弱い投手陣を考えれば1年目からの戦力と考えていい。3位の井納翔一(投手・NTT東日本)も即戦力候補である。

 注目に値する指名をした球団を駆け足で紹介したが、本当に採点が付けられるのは10年後。

 1年後を見越した弱点補強か、5年先を見越した将来性志向か、そういう視点で見れば答はまた変わってくる。

 それはまた詳しく、このコラムで紹介していこうと思う。

関連記事

BACK 1 2 3
菅野智之
藤浪晋太郎
大谷翔平
読売ジャイアンツ
阪神タイガース
北海道日本ハムファイターズ
北條史也
田面巧二郎
小豆畑眞也
金田和之
緒方凌介
福岡ソフトバンクホークス
横浜DeNAベイスターズ
中日ドラゴンズ
東浜巨
福谷浩司
濱田達郎
白崎浩之
三嶋一輝
井納翔一

プロ野球の前後の記事

ページトップ