Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ナンバーW杯傑作選/'05年1月掲載> アジア杯・ヨルダン戦 「奇跡には理由がある」 ~鬼神・川口のスーパーセーブ~ 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byMichi Ishijima/Tsutomu Kishimoto

posted2010/05/24 10:30

<ナンバーW杯傑作選/'05年1月掲載> アジア杯・ヨルダン戦 「奇跡には理由がある」 ~鬼神・川口のスーパーセーブ~<Number Web> photograph by Michi Ishijima/Tsutomu Kishimoto

「ベストマッチといわれると、正直、いやですね」

 見ている側からすると、この試合は'04年の代表の試合の中で、最も劇的で熱狂させられたベストマッチに思えるのだが、選手たちは、そうみなされるのを喜んでいない。

「ベストマッチといわれると、正直、いやですね。PK戦ですから」(宮本)

 勝ちきれずにPK戦にまでもつれこむような試合を、手放しで礼賛されるのは面映いのだ。

「優勝につながった、ひとつのポイントになる試合ではあったと思う。でも、ベストマッチじゃない。やってみた感じで、そう思う」(三都主)

 さんざんこちらをワクワクさせてくれたのに、なお、ベストマッチではないといい張るのは、別に彼らが気取っているからではない。それだけ彼らが、自分たちの力に大きな自信を持っているからなのだ。自分たちはもっとできる。PK戦などに足をすくわれている場合ではない。

PK戦で存分に示されたジーコジャパンの力と自信。

「自分ではミスをしたけど、勝ったことで、そのミスもポジティブに受け止めることができた。次に蹴るときはどうしようとか、蹴る前にしっかり助走して踏み込みの感じを確めたり、グラウンド状態が悪いならエンドを変えてもらうとか、つぎの時につながる材料が得られた。でも、あれで負けていたら、やっぱり次からはちょっと恐怖心が芽生えたかもしれない。自信がね、揺らいだかもしれない」(中村)

 日本代表の今の力と、その力が生み出す自信に満ちたプレーぶりは、このPK戦で存分に示された。だが、中村がいうように、負けてしまえば、その自信、アジアでのアドバンテージは大きく揺らぎ、ジーコと選手たちは、それをよみがえらせるために、またスタート地点に戻らなければならなかったかもしれない。そう考えると、ベストマッチではなかったかもしれないが、最も重要な試合のひとつだったとは断言できる。

日本サッカーの財産。

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8 9
川口能活
宮本恒靖
中澤佑二
中田浩二
中村俊輔
ジーコ
南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ