Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ナンバーW杯傑作選/'06年7月掲載>岡田武史「8年前には言えなかったこと。」~代表監督時代、あの決断の真相~ 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

posted2010/05/25 10:30

<ナンバーW杯傑作選/'06年7月掲載>岡田武史「8年前には言えなかったこと。」~代表監督時代、あの決断の真相~<Number Web>
 日本が初めてW杯に出場した時の指揮官であり、8年たった今でもなお、日本代表の監督候補としてつねにその名前があがり続ける男、岡田武史。
 人は彼に何を求め、また彼はサッカーに何を求めるのか。
 あの狂騒から長い年月が経って初めて語る、8年前の出来事と、ジーコジャパンへの思い――。

 岡田武史は、ワールドカップを経験した、ただひとりの日本人監督である。にもかかわらず、岡田のなかで長い間、ワールドカップは封印されていた、ように思う。少なくとも彼自身の口から、8年前の出来事が語られるのは稀であった。では今、ワールドカップは彼のなかでどう消化されたのか。そしてジーコジャパンは、彼の目にどう映っているのか。


――まず最終登録メンバー23人についてですが、どうご覧になられましたか?

「22人は予想通りで、ジーコはメンバーを変えないから、失敗しない限りこれでやるとは思っていた。ジーコらしい人選だよね。久保竜彦は膝と腰に怪我を抱えていて、このまま本大会を迎えるのは不安があったので、最後に決断したんでしょう。マスコミが巻(誠一郎)、巻と騒いで、多少はそれに押されたのかも知れない。仕方がないとは思う」

――岡田さんのときは三浦知良の落選(※1)、フィリップ・トゥルシエは中村俊輔の落選がありました。そして今回の久保ですが、それぞれは同列に論じられるのでしょうか?

「違うと思う。ひとつだけ共通点があるとすれば、勝つためのメンバーを監督が選んだということ。好き嫌いではなく、日本代表監督として最強の人選をした。久保は怪我、中村はポジションが他の選手とダブったこと、カズはあらゆるシミュレーションをしたけれども出番がなかった。それぞれ根拠は違うから」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4855文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 魂をドイツへ。Soul Survivors of Spirit

Sports Graphic Number 654・655・656

日本代表 魂をドイツへ。
Soul Survivors of Spirit

 

岡田武史
日韓W杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ