Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ナンバーW杯傑作選/'05年1月掲載> アジア杯・ヨルダン戦 「奇跡には理由がある」 ~鬼神・川口のスーパーセーブ~ 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byMichi Ishijima/Tsutomu Kishimoto

posted2010/05/24 10:30

<ナンバーW杯傑作選/'05年1月掲載> アジア杯・ヨルダン戦 「奇跡には理由がある」 ~鬼神・川口のスーパーセーブ~<Number Web> photograph by Michi Ishijima/Tsutomu Kishimoto

毎日の練習が極限での“神がかり”の瞬間を生みだす。

「自分が蹴るときは冷静でしたね。入る気がしてました。なにかこう、気持ちがクリアになったような感じで、不思議に落ち着いていられました」(宮本)

 宮本は、普段からPKに自信を持っているわけではない。それどころか、「あんまり自信ないんです。代表の練習でも外してましたしね。ジーコから7番目といわれていたんで、これなら回ってこないな、と考えたくらいで」(宮本)

 7番目に置くくらいだから、宮本の思いは、ジーコにも伝わっていたと見るべきだろう。その選手が、最後の勝負を決めるキックの前には、不思議と冷静でいられた、決める自信があったというのである。この自信はどこから来るのだろう。

 神がかり的なセーブで勝利を呼び込んだ川口はいう。

「神がかりといっても、なにもしないで、自然にそんな状態になれるわけじゃない。毎日の練習で自分を限界まで追い込んでいく。そういう経験をしていると、ゾーンに入るというか、すべてを支配できるような瞬間を経験することがある」

 日常の練習が、極限での自信を生み出す。

たとえPK戦でも最後に勝敗を決めるのは偶然ではない。

「PK戦だから、緊張しているといえばずっと緊張している。ただ、今まで練習してきて、その中でねらったコースに蹴ることができているんだから、ここでも、思い切って蹴れば大丈夫だって、“ほんとうに”思っていた」(鈴木)

「代表の練習では、だいたい、普通の練習のあと、PKを一人3本蹴って終わることが多いんです。特別にPK戦を想定しての練習というわけではないけど、やらないでPK戦に入るのと、やっていて入るのとでは心構えが違うと思う。ヨルダン戦だって、やっていなければ、もっとあわてる場面があったんじゃないですか」(中田)

 ひとつひとつの成功、不成功は、偶然が大きく関係するかもしれない。だが、最後に勝敗を決めるのは偶然ではない。たとえPK戦だろうと、周到な準備と、瞬間瞬間でなにができるかを思い浮かべて実行する想像力、つまり総合力が最後に勝敗を分ける。そして、今、アジアで、自分たちをしのぐ準備と想像力を持ったチームはない。そんな気持ちが、選手たちの自信の源泉になっていた。

【次ページ】 「ベストマッチといわれると、正直、いやですね」

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8 9 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川口能活
宮本恒靖
中澤佑二
中田浩二
中村俊輔
ジーコ
南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ