日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

“サプライズOA枠”扱いの徳永悠平。
その秘めたる才能と、これまでの道程。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2012/07/14 08:02

“サプライズOA枠”扱いの徳永悠平。その秘めたる才能と、これまでの道程。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

7月11日のニュージーランド戦では左サイドバックで先発フル出場し、攻守にわたって活躍。2004年のアテネ五輪出場経験もあり、28歳最年長としてプレー以外の面でも関塚監督の期待は大きい。

南アW杯に行けなかった無念を、今度こそ……。

 朴訥とした九州男児はNZ戦の前日、こう言っている。

「正直、自分に(OAという)チャンスが来るとは思っていなかった。アテネのときはケガをしたというのもあるし、自分が出た試合は勝てなかった。今度はしっかりと結果を残したい」

 筆者は今でも覚えている。

 南アフリカW杯のメンバー発表前、最後の試合となったセルビア戦。徳永は右サイドバックとしてテストされたが、消極的なプレーで結果を残せずに本大会のメンバーに生き残れなかった。期待されながらもチャンスを掴めない。試合後、その硬い表情からは無念さが伝わってきたものである。

 今こそ、殻を打ち破るとき――。

“サプライズのオーバーエイジ”徳永悠平の開眼が近づいていると信じたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
徳永悠平
FC東京
藤山竜仁
吉田麻也
酒井宏樹
内田篤人
駒野友一
酒井高徳
ブラジルW杯
ワールドカップ
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ