日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

“サプライズOA枠”扱いの徳永悠平。
その秘めたる才能と、これまでの道程。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2012/07/14 08:02

“サプライズOA枠”扱いの徳永悠平。その秘めたる才能と、これまでの道程。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

7月11日のニュージーランド戦では左サイドバックで先発フル出場し、攻守にわたって活躍。2004年のアテネ五輪出場経験もあり、28歳最年長としてプレー以外の面でも関塚監督の期待は大きい。

 ロンドン五輪に臨む関塚ジャパンの「オーバーエイジ(OA)枠」の人選に、肩すかしを食らった人も少なくないだろう。

 A代表のレギュラーとして活躍している吉田麻也はともかく、リストに入っていたと見られる長友佑都、細貝萌は所属クラブの了解を得られなかったのか、結局のところ選出されなかった。

 代わりに入ったのがA代表の常連ではない徳永悠平(もう一人は、バックアップメンバーとしてGKの林彰洋)。サイドバック、センターバック、ボランチと複数ポジションをこなせる“ポリバレント”で、ポテンシャルの高さは誰もが認める選手ではある。だがこれまでのA代表では一定の評価が得られておらず、ザックジャパンでも4月の代表候補合宿に呼ばれただけ。筆者も正直言って「ノーマーク」にしていたし、“意外すぎる人選”だった。

 しかし、である。「最終ラインの建て直しを図ることができる人材」かつ「五輪経験者である」という関塚隆監督の希望条件に合致していて、彼に対する指揮官の期待、評価は相当に高いという。“長友が無理なら徳永”と選出に迷いはなかったようである。それだけの魅力が、この徳永悠平には確かにある。

ニュージーランド戦で感じさせた、徳永のプレーの変化とは?

「チームメイトや今日、見てくれた人に、これで少しでも認めてもらえればと思う。これからは結果も出して、本大会に乗り込んでいきたい」

 ロンドン五輪の壮行試合となったニュージーランド戦。招集できなかった酒井高徳の代わりに左サイドバックに入って先発した徳永が、名刺代わりとばかりに先制点を導き出した。後半26分、ルーズボールを拾いに行った徳永は迷うことなく右足でミドルシュートを放ち、そのこぼれ球を杉本健勇が決めたのだ。同じリズムで攻めようとするチームの流れを変えるかのように放ったシュートが、得点に結びついたと言える。

 低く抑えたいいシュートだった。1本のシュートながら、それに懸ける徳永の思いは伝わってきた。静かにアピールする徳永に、心の変化を見た。

【次ページ】 “将来の日本のSBを背負うはずだった男”徳永悠平。

1 2 3 4 NEXT
徳永悠平
FC東京
藤山竜仁
吉田麻也
酒井宏樹
内田篤人
駒野友一
酒井高徳
ブラジルW杯
ワールドカップ
ロンドン五輪
オリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ