高校サッカー 

国見史上最も丁寧にノートを書く男、渡邉大剛の罰走で始まったプロ人生。

Number Ex

国見史上最も丁寧にノートを書く男、
渡邉大剛の罰走で始まったプロ人生。

彼は銀色のネックレスをぶら下げて、この遠征に参加していた。「恋愛禁止」の掟を破り、内緒で交際していた同級生の彼女からもら… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

2020/01/23

サッカー王国静岡、苦悩の20年史。長谷部誠や内田篤人を輩出の一方で。

高校サッカーPRESS

サッカー王国静岡、苦悩の20年史。
長谷部誠や内田篤人を輩出の一方で。

1980年から90年代にかけて、静岡はまさに“サッカー王国”だった。まだJリーグが誕生する以前、人々が目に触れるサッカーは「全… 続きを読む

原山裕平Yuhei Harayama

2020/01/23

J開幕前のスター、サントスが見た“王国静岡”の高校サッカー。

Number Ex

J開幕前のスター、サントスが見た
“王国静岡”の高校サッカー。

「カズから教えてもらっていたけど、高校サッカーの人気にはびっくりしたね。ブラジルではユースの大会に5万人も入るなんてあり… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

2020/01/22

青森山田・藤原優大は泣かなかった。「もちろんこの場所に帰ってきます」

“ユース教授”のサッカージャーナル

青森山田・藤原優大は泣かなかった。
「もちろんこの場所に帰ってきます」

ともに最終ラインを担った右サイドバックの内田陽介と右CBの箱崎拓が草柳に食いついたことで、藤原は咄嗟にカバーのポジションを… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2020/01/20

<天才が語る過去と未来>四日市中央工・小倉隆史「28年目のレフティ・モンスター」

Sports Graphic Number Special

<天才が語る過去と未来>
四日市中央工・小倉隆史
「28年目のレフティ・モンスター」

あまりに劇的な活躍で選手権史に伝説を築いた怪物。強烈な左足から彼に異名を授けた若き記者は、後に『28年目のハーフタイム』な… 続きを読む

金子達仁Tatsuhito Kaneko

有料

2020/01/19

<回想インタビュー>鹿児島城西・大迫勇也「半端ない通過点」

Sports Graphic Number Special

<回想インタビュー>
鹿児島城西・大迫勇也「半端ない通過点」

今も破られぬ大会記録10得点の無双ぶりで、代名詞「半端ない」を生んだ伝説の選手権。だが伝説を伝説で終わらせず、世界と戦う今… 続きを読む

内田知宏(スポーツ報知)Tomohiro Uchida

有料

2020/01/18

高校選手権のヒーローアンケート。1位は平山相太「明らかに規格外」。

Number Ex

高校選手権のヒーローアンケート。
1位は平山相太「明らかに規格外」。

静岡学園の逆転優勝というドラマチックな結果で盛り上がった第98回高校サッカー選手権。『Number』995号では、このタイミングで… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2020/01/17

静岡学園・田邉秀斗の機転と洞察力。エース松村優太を生かした2年生。

“ユース教授”のサッカージャーナル

静岡学園・田邉秀斗の機転と洞察力。
エース松村優太を生かした2年生。

「僕に追いつけるサイドバックはあいつだけだと思うので、ポジショニングとサポートで自分もかなり助けてもらったし、自分が攻撃… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2020/01/17

<平成の怪物インタビュー>国見・平山相太「18歳の僕へ」

Sports Graphic Number Special

<平成の怪物インタビュー>
国見・平山相太「18歳の僕へ」

相手がヘディングしようとするボールを胸でトラップし、繊細なタッチでゴールネットを揺らす。まさに“怪物”。ところが高校時代… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

有料

2020/01/17

水沼貴史が衝撃を受けた1977年1月。静学のドリブルと井田イズムは今も。

水沼貴史のNice Middle!

水沼貴史が衝撃を受けた1977年1月。
静学のドリブルと井田イズムは今も。

「静岡学園との決勝」といえば……実は私も対戦経験があります。 続きを読む

水沼貴史Takashi Mizunuma

2020/01/15

選手権V静岡学園の「勝つ意識」。上手いだけでは青森山田を崩せない。

“ユース教授”のサッカージャーナル

選手権V静岡学園の「勝つ意識」。
上手いだけでは青森山田を崩せない。

青森山田は徹底した「山田スタイル」を体現し、プレミアリーグでは日本トップレベルのテクニカルなチームをはじき返してきた。だ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2020/01/14

選手権を味わった興國・樺山諒乃介。ライバルに教わった「10番」の意味。

“ユース教授”のサッカージャーナル

選手権を味わった興國・樺山諒乃介。
ライバルに教わった「10番」の意味。

「自分が思っている以上に身体が硬くなっていて、冷静になれなかった」。いつもと違う自分に焦る中、昌平の10番・須藤直輝の動き… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2020/01/09

今治勢初の選手権と岡田メソッド。駒野友一の技に学べるという幸福。

スポーツ百珍

今治勢初の選手権と岡田メソッド。
駒野友一の技に学べるという幸福。

卒業後にプロの道へ進む有望株のプレーぶりや、伝統校や名将が貫くスタイル、新春から応援席に駆けつける応援団の郷土愛。それこ… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2020/01/08

青森山田戦は昌平サッカーの分岐点。「育てて勝つ」指導と来季への期待。

“ユース教授”のサッカージャーナル

青森山田戦は昌平サッカーの分岐点。
「育てて勝つ」指導と来季への期待。

高校サッカー選手権準々決勝。昌平高校は青森山田高校に2-3で敗れた。前回大会優勝校にして、今季の高円宮杯プレミアリーグも制… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2020/01/07

若月大和「選手権はきちんと観ます」悔しさはJリーグで、世界で晴らす。

“ユース教授”のサッカージャーナル

若月大和「選手権はきちんと観ます」
悔しさはJリーグで、世界で晴らす。

2019年11月17日。第98回全国高校サッカー選手権大会群馬県予選準決勝。桐生第一は前橋育英に0-1で敗れた。この瞬間、桐生第一の… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2020/01/04

個性を伸ばしても“俺様”にならない。高校、Jと違う三菱養和の面白さ。

高校サッカーPRESS

個性を伸ばしても“俺様”にならない。
高校、Jと違う三菱養和の面白さ。

「養和ってドリブルできますか?」。中学生になろうとしていた中村敬斗くんは、唐突にこう質問したという。「え、なにそれ? っ… 続きを読む

谷川良介Ryosuke Tanikawa

2019/12/29

王者・青森山田が優勝候補だが……。選手権で見たい注目選手リスト!

“ユース教授”のサッカージャーナル

王者・青森山田が優勝候補だが……。
選手権で見たい注目選手リスト!

この時期になると、「今年の選手権優勝はどこか?」と聞かれることが多いのだが、組み合わせの偏りや日程的な部分も加味すると答… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/12/28

市船が新監督で挑む初の選手権。「ようやく勝負強さが出てきた」

“ユース教授”のサッカージャーナル

市船が新監督で挑む初の選手権。
「ようやく勝負強さが出てきた」

「最初は本気で日本一を獲るためのチームとしての行動だったり、取り組み、姿勢を全員が共有していなかった。それに気づいたから… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/12/26

横浜FCオファーに「ついに来たか!」青森山田キーマン古宿理久の向上心。

“ユース教授”のサッカージャーナル

横浜FCオファーに「ついに来たか!」
青森山田キーマン古宿理久の向上心。

「しかも大好きな横浜FCだったので、『まさか』よりも『ついに来たか!』という気持ちが強かった。プロになるためにここに来たの… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/12/19

青森山田サッカーに継承される覚悟。連覇を予感させる「厳しくて当然」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

青森山田サッカーに継承される覚悟。
連覇を予感させる「厳しくて当然」。

「青森山田の門を叩くということは、相当な覚悟がいるんです。親元を離れることもそうですけど、サッカーのために、自分自身を強… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/12/06

ページトップ