著者プロフィール 

米虫紀子Noriko Yonemushi

大阪府生まれ、大阪在住。大学卒業後、広告会社にコピーライターとして勤務したのち、2003年、フリーライターに。野球、バレーボールを中心に、スポーツの取材に走り回っている。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss
オリ新監督、西村徳文が打ち出す「積極性、アグレッシブ」って?

猛牛のささやき

オリ新監督、西村徳文が打ち出す
「積極性、アグレッシブ」って?

今年、4位でシーズンを終えたオリックスは、福良淳一監督の辞任にともない、西村徳文ヘッドコーチが新監督に就任した。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/10/18

世界を知る女子バレー荒木絵里香がコートで見せる大黒柱としての役割。

バレーボールPRESS

世界を知る女子バレー荒木絵里香が
コートで見せる大黒柱としての役割。

荒木絵里香(トヨタ車体クインシーズ)のサーブは何かを起こす。現在開催中のバレーボール女子の世界選手権では、そんな場面が毎… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/10/17

吉田輝星、最高の高校ラストゲーム。「金足だからしょうがないでしょ」

猛牛のささやき

吉田輝星、最高の高校ラストゲーム。
「金足だからしょうがないでしょ」

10月10日、金足農高の吉田輝星がプロ志望を表明した。今夏の甲子園で金足農を秋田県勢103年ぶりの決勝に導き、日本中を沸かせた… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/10/12

小谷野栄一は引退表明後も全力で。松坂世代とオリックスに送る感謝。

猛牛のささやき

小谷野栄一は引退表明後も全力で。
松坂世代とオリックスに送る感謝。

引退記者会見を行った翌日の9月28日、オリックスの小谷野栄一は、ユニフォームを着て、舞洲の二軍施設にいた。10月5日の引退セレ… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/10/04

オリの心優しき助っ人ディクソン。「日本の人や文化が好きですから」

猛牛のささやき

オリの心優しき助っ人ディクソン。
「日本の人や文化が好きですから」

今年も2桁勝利はかなわなかった。来日6年目のブランドン・ディクソンである。来日1年目の2013年に8勝を挙げ、14?16年は3年連続で… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/09/20

石川祐希は全日本に融合できるか。世界バレー1次L、中垣内監督の意図。

バレーボールPRESS

石川祐希は全日本に融合できるか。
世界バレー1次L、中垣内監督の意図。

現在イタリア・ブルガリアで開催されている世界選手権の第3戦、対スロベニアの立ち上がり。石川祐希が渾身のサーブを打ち込み、… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/09/18

なぜU18ジャパンは打てなかったか。木のバット、牽制、ストライク。

猛牛のささやき

なぜU18ジャパンは打てなかったか。
木のバット、牽制、ストライク。

宮崎県で開催されていた第12回U18アジア選手権が9月10日に閉幕。大会2連覇がかかっていた日本は、グループ戦で韓国、スーパーラ… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/09/12

山岡泰輔が見つけた「1つ上のギア」。オリックスのエースにまた一歩前進。

猛牛のささやき

山岡泰輔が見つけた「1つ上のギア」。
オリックスのエースにまた一歩前進。

7月まで2勝10敗と苦しんでいたオリックス2年目の山岡泰輔が、8月は前半戦が嘘のように白星を重ね、現在3連勝中だ。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/09/07

オリ福田周平のメンタルは新人離れ。「10がゴールとしたら、まだ2か3」

猛牛のささやき

オリ福田周平のメンタルは新人離れ。
「10がゴールとしたら、まだ2か3」

7月に行われた第89回都市対抗野球は大阪ガスの初優勝で幕を閉じたが、1年前の大会で36年ぶりの日本一とMVP(橋戸賞)をつかみ、… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/08/10

点取り屋・長岡望悠が全日本復帰!中田久美監督の一言と新しい自分。

バレーボールPRESS

点取り屋・長岡望悠が全日本復帰!
中田久美監督の一言と新しい自分。

8月19日に開幕するアジア大会の登録メンバーに、久光製薬スプリングスの長岡望悠の名前がある。国際大会でのメンバー入りは、201… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/08/08

オリ山本由伸はおそるべき19歳。得意球封印は「先のことを考えて」。

猛牛のささやき

オリ山本由伸はおそるべき19歳。
得意球封印は「先のことを考えて」。

4位、3位、5位……。めまぐるしく順位が入れ替わる熾烈な戦いの中、オリックスで勝ちパターンの8回を任されているのが、高卒2年… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/07/27

オリ増井浩俊は見た目以上に貪欲。「僕は記憶より記録で残すタイプ」

猛牛のささやき

オリ増井浩俊は見た目以上に貪欲。
「僕は記憶より記録で残すタイプ」

6月29日、オリックスの守護神・増井浩俊は、昨年まで慣れ親しんだ札幌ドームのマウンドに、史上4人目の記録をかけてあがった。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/07/12

男子バレーの熾烈な正セッター争い。藤井か関田か深津か、監督の決断は。

バレーボールPRESS

男子バレーの熾烈な正セッター争い。
藤井か関田か深津か、監督の決断は。

全日本男子バレーの今年最初の国際大会、ネーションズリーグの予選ラウンドが終了し、日本は6勝9敗の12位で大会を終えた。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/06/29

まさかのホームラン誤審で論争勃発。現在のリクエスト制度は問題だらけ。

猛牛のささやき

まさかのホームラン誤審で論争勃発。
現在のリクエスト制度は問題だらけ。

「なんで逃げる? 誰が見てもファールやないか!」ベンチ裏の通路。オリックスの福良淳一監督が大声で審判団に詰め寄った。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/06/25

松坂大輔を小学校からずっと追う男。小谷野栄一「1年でも長く対決を」

猛牛のささやき

松坂大輔を小学校からずっと追う男。
小谷野栄一「1年でも長く対決を」

同じ地元のギリギリ勝てないライバルが、実は怪物だった――。オリックスの小谷野栄一にとって、同級生の松坂大輔(中日)はそん… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/06/15

オリ1年目、田嶋大樹はなぜ勝てる?「鈍感だと長くはやっていけない」

猛牛のささやき

オリ1年目、田嶋大樹はなぜ勝てる?
「鈍感だと長くはやっていけない」

「壁はないですね。だって、自分がどうにかなれば、どうにかなるんで」ルーキーの田嶋大樹に「プロに入って感じた壁は?」と聞く… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/05/31

JTサンダーズ「大胆な若手起用がチームの活性化を促す」

JTバレーボール、大躍進の理由

JTサンダーズ「大胆な若手起用がチームの活性化を促す」

前季7位から3位に浮上したサンダーズ。JTバレーボール部の躍進の秘密を探る。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/05/31

若手から“師匠”と慕われる35歳。オリ山崎勝己の役割とこだわり。

猛牛のささやき

若手から“師匠”と慕われる35歳。
オリ山崎勝己の役割とこだわり。

オリックスのルーキー捕手、西村凌は質問魔だ。隙あらばコーチや先輩捕手を質問攻めにする。その西村が「師匠」とあがめるのが、… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/05/18

バレーで欧州3カ国を渡り歩いた男。古賀太一郎、海外との向き合い方。

バレーボールPRESS

バレーで欧州3カ国を渡り歩いた男。
古賀太一郎、海外との向き合い方。

今年度の全日本男子チームには、今シーズン(2017/18シーズン)海外リーグでプレーした選手が過去最高の4人いる。主将の柳田将洋… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/05/15

オリ山岡泰輔、ついに縦カット解禁。「球種は調味料」の独特な哲学。

猛牛のささやき

オリ山岡泰輔、ついに縦カット解禁。
「球種は調味料」の独特な哲学。

ルーキーイヤーだった昨年、先発ローテーションに入り8勝を挙げたオリックスの山岡泰輔が、2年目の今年も結果を残している。それ… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/05/04

1 2 3 4 5 6 7 NEXT >>

ページトップ