著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

プチ鹿島Petit Kashima

1970年5月23日、長野県生まれ。スポーツからカルチャー、政治まで幅広いジャンルにツッコミをいれる「時事芸人」。著書に「教養としてのプロレス」、「東京ポッド許可局」など。ワタナベエンターテインメント所属。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
「中高年には縁遠い」スケボー、「価値観崩壊」のサーフィン…“オヤジジャーナル”が戸惑いつつも喜んだ新種目の引力

月刊スポーツ新聞時評

「中高年には縁遠い」スケボー、「価値観崩壊」のサーフィン…“オヤジジャーナル”が戸惑いつつも喜んだ新種目の引力

東京五輪が開幕してからのスポーツ紙をあらためて読んでみました。毎日がお祭り&大ネタでした。スポーツ紙だから五輪で盛り上が… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

スケートボード

2021/08/01

もはや“同時代に生きているだけで自慢”の大谷翔平…次の“推し”は「今のあやうさ」を見ておきたいあの選手

月刊スポーツ新聞時評

もはや“同時代に生きているだけで自慢”の大谷翔平…次の“推し”は「今のあやうさ」を見ておきたいあの選手

今年の上半期の「漢字」はなんだろう?そんなテーマでスポーツ報知のコラム「仙ペン」が書いていました(6月11日)。筆者の仙道… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

MLB

2021/07/04

契約解除の清田育宏に朝乃山の“夜遊び”…一緒にいた記者に書いて欲しい「下世話な話題」に隠れている“大事なもの”とは?

月刊スポーツ新聞時評

契約解除の清田育宏に朝乃山の“夜遊び”…一緒にいた記者に書いて欲しい「下世話な話題」に隠れている“大事なもの”とは?

面白い社説があった。産経新聞の「緩むスポーツ界 使命感持って行動管理を」(5月26日)である。《このところ、新型コロナウイル… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2021/06/03

「東京五輪師匠」だけなぜ優遇される? 「国のかじ取りをする人たち」の“スポーツ紙的”決まり文句に要注意!

月刊スポーツ新聞時評

「東京五輪師匠」だけなぜ優遇される? 「国のかじ取りをする人たち」の“スポーツ紙的”決まり文句に要注意!

開幕から1カ月を過ぎてなお、阪神タイガースが強いです。ルーキーの佐藤輝明もゴツンゴツンとホームラン。その勢いはグランドの… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2021/05/01

「半世紀に1人の怪物、きテル乗っテル打っテル」ルーキー、阪神・佐藤輝明に全スポーツ紙が浮足立つ

月刊スポーツ新聞時評

「半世紀に1人の怪物、きテル乗っテル打っテル」ルーキー、阪神・佐藤輝明に全スポーツ紙が浮足立つ

プロ野球も開幕したところで、3月のスポーツ紙を振り返ってみよう。華はこの人、阪神タイガース・佐藤輝明であった。『半世紀に1… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2021/04/04

「ゲリラが王道を制す」夕刊紙、タブロイド紙の野次馬精神が斬り込んだ「森喜朗辞任騒動」の本当の論点

月刊スポーツ新聞時評

「ゲリラが王道を制す」夕刊紙、タブロイド紙の野次馬精神が斬り込んだ「森喜朗辞任騒動」の本当の論点

2月を振り返ると、2月3日に森喜朗氏の例の発言の第一報があったので森喜朗月間だったとも言える。話が長くなるのでこの「月刊ス… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

その他スポーツ

2021/03/03

田中将大、桑田真澄、渋野日向子……夕刊紙&タブロイド紙の大好物「人事」「熱愛」がオヤジ心を刺激する

月刊スポーツ新聞時評

田中将大、桑田真澄、渋野日向子……夕刊紙&タブロイド紙の大好物「人事」「熱愛」がオヤジ心を刺激する

田中将大、東北楽天イーグルスに復帰!スポーツ紙では1月27日のスポーツニッポンが圧巻だった。一面で大きく『楽天復帰 マー … 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

その他スポーツ

2021/02/03

《箱根駅伝2021準優勝》創価大の大躍進 聖教新聞はどう報じたのか

Online Selection

《箱根駅伝2021準優勝》創価大の大躍進 聖教新聞はどう報じたのか

巨人の優勝記事を味わいたいならスポーツ報知だ。阪神が優勝したらデイリースポーツだろう。では創価大の記事を読むならどの新聞… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

駅伝

2021/01/07

藤井聡太、高木守道、大坂なおみ…勝手に選定「スポーツ紙見出し大賞2020」は、まさかの“バイデン勝ち”?

月刊スポーツ新聞時評

藤井聡太、高木守道、大坂なおみ…勝手に選定「スポーツ紙見出し大賞2020」は、まさかの“バイデン勝ち”?

誰にとっても大変だった2020年。スポーツ紙で今年1年を振り返ってみてみよう。印象的な見出しがたくさんあった。名付けて「スポ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

その他スポーツ

2020/12/29

嵐、嵐、嵐、マッチ、嵐……ジャニーズだらけのスポーツ紙はナゾだらけの“推理小説”だった

月刊スポーツ新聞時評

嵐、嵐、嵐、マッチ、嵐……ジャニーズだらけのスポーツ紙はナゾだらけの“推理小説”だった

度肝を抜かれたのは11月4日の各紙だった。ドカーンと全面に「嵐」! 国立競技場でライブをおこなった「嵐」が登場。単なる一面… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

その他スポーツ

2020/12/02

阪神がドラフト1位、近大・佐藤輝明を引き当てたのは…監督が「“勝負パンツ”を封印した」から?

月刊スポーツ新聞時評

阪神がドラフト1位、近大・佐藤輝明を引き当てたのは…監督が「“勝負パンツ”を封印した」から?

さて今月の大きなイベントと言えばドラフト会議です。私が気になったのはドラフト当日のデイリースポーツ阪神矢野監督情報。さり… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2020/11/01

正代、初優勝の“アイスクリーム話”から“巨人のウッディ”まで スポーツ新聞の「ゴキゲンさ」がいい

月刊スポーツ新聞時評

正代、初優勝の“アイスクリーム話”から“巨人のウッディ”まで スポーツ新聞の「ゴキゲンさ」がいい

東京版の6紙のうち、自死が一面だったのは4紙。正代の優勝を伝えたのは東京中日スポーツ1紙。私は迷わず東京中日から読んだ。そ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

相撲

2020/09/30

大坂なおみ棄権の記事を読んで。おじさんアップデートの分岐点。

月刊スポーツ新聞時評

大坂なおみ棄権の記事を読んで。
おじさんアップデートの分岐点。

この「月刊スポーツ新聞時評」はスポーツ紙の楽しさと面白さを紹介する内容にしているのですが、今回は「おじさん」として自分も… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

女子テニス

2020/09/01

両国国技館へ「Go To トラベル」。食べたい焼き鳥に、静かなる熱狂。

月刊スポーツ新聞時評

両国国技館へ「Go To トラベル」。
食べたい焼き鳥に、静かなる熱狂。

7月、プロスポーツの会場に観客が遂に帰ってきた!コロナウイルス対策のため、観客は声の代わりに拍手で気持ちを表現する。選手… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

相撲

2020/07/31

バースの再来? 阪神ボーアに夢中。“おつかい”より感動した初安打。

月刊スポーツ新聞時評

バースの再来? 阪神ボーアに夢中。
“おつかい”より感動した初安打。

祭りの予感がした。6月9日のデイリースポーツである。一面ではなく社会面。『えっ?阪神伝説助っ人が新種の昆虫に!?「バースク… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2020/07/01

「入口より出口が大事」なコロナ禍でようやく見えてきた佐々木朗希の姿。

月刊スポーツ新聞時評

「入口より出口が大事」なコロナ禍で
ようやく見えてきた佐々木朗希の姿。

開幕は「6月19日」で「無観客」だが、政府の基本的対処をもとにすれば、早ければ「7月10日」にも観客を入れて実施する可能性が出… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2020/05/31

StayHomeを彩ったスポーツ紙の企画。東スポと松井秀喜の粋なやりとりも。

月刊スポーツ新聞時評

StayHomeを彩ったスポーツ紙の企画。
東スポと松井秀喜の粋なやりとりも。

スポーツ紙が大変なことになっている。コロナ禍で誰もが大変なのだが、プロ野球開幕やJリーグ再開の見通しが立たないということ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2020/05/01

志村けん、藤浪、塗り絵、五輪延期。コロナ一色の中に見えた各紙の手腕。

月刊スポーツ新聞時評

志村けん、藤浪、塗り絵、五輪延期。
コロナ一色の中に見えた各紙の手腕。

3月最後の日。スポーツ新聞の一面はすべて志村けんさんだった。新聞らしい振り返りをしていたのは日刊スポーツの志村さんの足跡… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2020/04/01

ノムさんは紙面で“ヒマワリ”だった。担当記者たちの追悼文に歴史が滲む。

月刊スポーツ新聞時評

ノムさんは紙面で“ヒマワリ”だった。
担当記者たちの追悼文に歴史が滲む。

野村克也がヤクルトの監督に就任したときは本当に驚いた。「ノムさん、ユニフォームを着る気があったんだ!」と。1990年のことで… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2020/02/28

『プロレスラーは観客に何を見せているのか』日米で活躍したレスラーが問うプロレス、そして人生とは。

新刊ドラフト会議

『プロレスラーは観客に何を見せているのか』
日米で活躍したレスラーが問う
プロレス、そして人生とは。

年明け早々のアメリカとイランの戦争危機。限定攻撃などでお互いなんとか踏みとどまった。この話題に関してあるニュース番組は「… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロレス

有料

2020/02/25

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ