プロ野球PRESSBACK NUMBER

「落合監督はちゃんと見てくれて…」元審判が感謝する“吉見一起の微妙なストライク判定”「おめえのせいじゃねえから、気にしないでやれ」 

text by

佐々木昌信

佐々木昌信Masanobu Sasaki

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2022/05/05 17:01

「落合監督はちゃんと見てくれて…」元審判が感謝する“吉見一起の微妙なストライク判定”「おめえのせいじゃねえから、気にしないでやれ」<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

中日時代の落合博満監督

 なぜならストレートと思い違いをしてしまうほど、スライダーがギリギリまで曲がってこない。ベース通過直前でボール球になる。思わず右手を「ストライク!」と上げてしまい、「しまった」ということが結構ありました。

谷繁「佐々木さん、いまの、ちょっと広過ぎだわ」

 だから、正直な性格の谷繁捕手に「佐々木さん、いまの、ちょっと広過ぎだわ(苦笑)」とよく言われました。吉見投手には私の「ストライクを取る傾向」をうまく利用されていた気がします。

 その「9イニング平均与四球率は1.57個」の抜群のコントロールが武器だけに、球審として困ることもありました。さすがの吉見投手も人間ですから年に数回、「立ち上がり」が悪くてストライクが入らないときがあります。アウトコースのスライダーがボール1個分外れると、さすがにプロの球審は「ストライク!」とは言いません。

 ところが「吉見投手はコントロールが抜群」という大前提で誰もが見ているために、際どいボールの「見極め」ができない球審が下手ということになってしまうのです。

「佐々木球審、きょうのアウトコース、ちょっと辛くねえか?」

 ダグアウトから球筋の高さはわかっても、コースはわかりません。しかし、さすが落合博満監督はちゃんと見ていてくれました。5回表終了時の選手交代のときです。

「外(外角)、全然外れてるのか」

「全然です。きょうは早く曲がり過ぎです」

「だろうな。おめえのせいじゃねえから、気にしないでやれ」

<#2、#3へ続く>

『プロ野球 元審判は知っている』(ワニブックス)※書影をクリックするとAmazonのリンクにジャンプします『プロ野球 元審判は知っている』(ワニブックス)※書影をクリックするとAmazonのリンクにジャンプします
#2に続く元プロ野球審判の後悔「私のミスジャッジがなければ江藤(智)は…」巨人の96年メークドラマはなかったとザンゲした理由

関連記事

BACK 1 2 3 4
佐々木昌信
ダルビッシュ有
金子千尋
北海道日本ハムファイターズ
オリックス・バファローズ
落合博満
吉見一起
中日ドラゴンズ
谷繁元信

プロ野球の前後の記事

ページトップ