Number Web MoreBACK NUMBER

《中日1位指名》大学3年まで無名だったブライト健太(上武大4年)、一塁まで「全力ケンケン」した都立高時代のある試合

posted2021/10/11 18:20

 
《中日1位指名》大学3年まで無名だったブライト健太(上武大4年)、一塁まで「全力ケンケン」した都立高時代のある試合<Number Web>

中日から1位指名された上武大学のブライト健太外野手(4年・185cm85kg・右投右打・都立葛飾野高)

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

中日から1位指名されたブライト健太外野手(上武大4年)。ドラフト会議の数週間前に本人にインタビューした記事を特別に再公開します。(初出:NumberWeb 2021年10月5日)

 2017年4月。

 詳しい日付は忘れてしまったが、春のセンバツが幕を閉じてしばらく経った頃、私は神宮第二球場のネット裏記者席にいた。

 ここの記者席は日陰を風が吹き抜ける。夏はとてもありがたいのだが、春や秋の天気の悪い日は寒い。季節を一つずらしたぐらいの格好でちょうどよかった。

 日大三高を見たかったのと、東京の高校野球にくわしい人から、「都立にちょっとすごいスラッガーがいる」と少し前に聞いていて、その両校が対戦するなら……と足を運んだ。

 都立葛飾野高校・ブライト健太外野手。当時のパンフレットで、183cm80kg。胸躍る「数字」の並び。お父さんがガーナの方で、すでに高校通算20本塁打だという。

松葉づえ→一塁まで「全力ケンケン」

 どんな野球をするのか……すごく楽しみにして試合開始を待っていたら、スラリとした長身が、松葉づえを突いてグラウンドに現れたから驚いた。

 スタンドで応援の部員に訊いたら、2日前に足首にひどいケガをしたという。「なんだ、ブライト健太、見られないのか……」とガッカリしながら、日大三高の一方的リードの展開を眺めていた試合終了直前だ。

 志願して、代打で出てきたブライト健太が、バットを杖にして、打席に向かう。片足をひきずって、なんとか打席に入ると、ケガをしている右足を浮かせて、右手一本でバットを構えた。

 それで打つのか……一瞬、狂気のようなものを感じた。

 投じられたボールを、ブライト健太が右手一本で握ったバットで打った。打球がセカンドの前に転がった。

 えっ、でも、ここからどうするんだ! 走れないだろ! そう思った瞬間、ブライト健太が左足の「ケンケン」で一塁に向かって跳んでいったから、たまげた。

 カンガルーのように跳んでいく彼の「全力ケンケン」が一塁ベースを跳び抜けるのと、二塁手からの送球がファーストミットにおさまったのは、まさに間一髪の違いしかなかった。

【次ページ】 「監督さんにムリ言って出してもらいました」

1 2 3 4 NEXT
ブライト健太
葛飾野高校
上武大学
隅田知一郎
西日本工業大学
大山悠輔
渡部健人
中日ドラゴンズ

大学野球の前後の記事

ページトップ