Number Web MoreBACK NUMBER

《中日1位指名》大学3年まで無名だったブライト健太(上武大4年)、一塁まで「全力ケンケン」した都立高時代のある試合 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

posted2021/10/11 18:20

《中日1位指名》大学3年まで無名だったブライト健太(上武大4年)、一塁まで「全力ケンケン」した都立高時代のある試合<Number Web>

中日から1位指名された上武大学のブライト健太外野手(4年・185cm85kg・右投右打・都立葛飾野高)

監督は「大山(阪神)とか見てますから…全然ですね」

 上武大の激しいトレーニングで鍛えられて、今は185cm85kgの均整抜群の体躯。

 これだけの雄大なサイズがあっても、盗塁のロケットスタート的な瞬発力がすばらしい。長身ランナーの鈍さ、緩さがまったく見られない。

「まだです! まだ、ぜんぜん良くない。僕、このリーグで、大山(悠輔、白鴎大→阪神)とか見てますから、ぜんぜんいいと思わない。ブライトは、これから良くなってく選手でしょ。野球に対しても、日常についても、真面目ですし、まあよく練習しますよ。全日本の時のバッティング見てもらえばわかると思うけど、あいつの“最大値”はすごいです。伸びしろについては、太鼓判押します。でも、今はすごくない。コンスタントまでいってない。勉強することがいくつもあります」

 4年間、手塩にかけて導いてきた谷口監督の“評価”が、ブライト健太の今を“原寸大”で語っているようにも思う。

 ただ、私には、谷口監督が触れなかった彼のひとつの個性が見えるような気がする。

 たとえ、凡退しても、ファンが納得してくれるプレースタイル。

 ムチャ振りじゃない王道のフルスイング。見えなくなるほど高く舞い上がった飛球。全力疾走。悔しがりながら、長い手足をしならせながら大きなストライドでダグアウトに戻ってくる躍動感。

 天からもらったそうした才能を、存分に振りまきながらプレーすれば、どの球団に行っても、今日はブライトを見に行こう! きっとそんな「人気者」になれるヤツだ。

「踏み込んで打とうとすると、どうしても頭が突っ込んでしまって」

 インタビューが終わって、あとを追いかけてくるように言葉をかけてきた。

 昨秋、同じ悩みを、最初からちょっと広めにスタンスをとっておいて、上げた左足を最初の位置に戻して打つようにしてから解決し、秋のリーグ戦8本塁打の大ブレークで西武の「1位」を獲得した桐蔭横浜大・渡部健人。

 その話をしてみたら、

「あ、それ、確かにちょっとピンとくるところ、ありますね。わかりました、しばらく試してみます」

 もっと野球を知りたい、野球を探りたい。

 その好奇心、その探究心……それこそが、彼の、何よりの「伸びしろ」なのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ブライト健太
葛飾野高校
上武大学
隅田知一郎
西日本工業大学
大山悠輔
渡部健人
中日ドラゴンズ

大学野球の前後の記事

ページトップ