欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

【プレミア初得点】「タキ、とにかく楽しめ」南野拓実を見捨てず…名将クロップの愛情が熱すぎる

posted2020/12/21 11:40

 
【プレミア初得点】「タキ、とにかく楽しめ」南野拓実を見捨てず…名将クロップの愛情が熱すぎる <Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

プレミア初ゴールに雄叫びを挙げた南野拓実。ついにクロップ監督の期待に応えた

text by

田嶋コウスケ

田嶋コウスケKosuke Tashima

PROFILE

photograph by

REUTERS/AFLO

 その瞬間は、試合開始直後の前半3分に訪れた。

 セネガル代表FWサディオ・マネからパスが入ると、南野拓実は敵がブロックに飛び込んできたのを察知。キックフェイントで冷静に間合いを外し、ゴール隅に豪快に蹴り込んだ。得点後、コーナー付近まで走り込んで歓喜の雄叫びを上げると、あとを追ってきたチームメートにもみくちゃにされた。待望の「プレミア初ゴール」が生まれた瞬間だ。

 現役時代には名うてのテクニシャンとして知られた、元トッテナムのグレン・ホドルも思わず舌を巻いた。

「シュートを打とうとした瞬間、マーカーがタックルを仕掛けてきた。だが、南野はフェイントを入れ、スペースを上手につくった。このファーストタッチがよかった。素晴らしいフィニッシュだ」

 日本代表FWの先制点で勢いがついたリバプールは、ここから怒涛のゴールラッシュ。7ゴールを奪い、難敵クリスタルパレスを大差で粉砕した。

左FWとしてハーフスペースを有効活用

 得点シーン以外でも、現地時間19日のクリスタルパレス戦で南野は光り輝いた。4-3-3の左FWとして先発すると、攻守両面で貢献。攻撃時はサイドから中央寄りにポジションを移し、相手SBとCBのちょうど中間のエリア、つまりハーフスペースでパスを巧みに受けた。

 そして、相手ディフェンスに守備の綻びを見つけると、フリーランで積極的にスペースを突いた。後半14分にはダイアゴナルランでナビ・ケイタのラストパスを引き出し決定機につなげたが、シュートはわずかに枠をそれた。この場面と同じように、左サイドからゴール前の中央部にスライドする仕掛けを何度も見せ、クリスタルパレス守備陣を大いに混乱させた。

 ディフェンス面でも、強度の高いプレスでチームを支えた。

【次ページ】「タキは最高のゲームをしてくれた」

1 2 3 4 5 NEXT
南野拓実
ユルゲン・クロップ
ジョー・コール
スティーブ・マクマナマン
リバプール

海外サッカーの前後の記事

ページトップ