フランス・フットボール通信BACK NUMBER

サッカー界、2020年最大の新星。
ハーランド自身初のロングインタビュー。 

text by

オリビエ・ボサール

オリビエ・ボサールOlivier Bossard

PROFILE

photograph byIorgis Matyassy/L'Equipe

posted2020/07/01 18:00

サッカー界、2020年最大の新星。ハーランド自身初のロングインタビュー。<Number Web> photograph by Iorgis Matyassy/L'Equipe

欧州の名だたるスポーツメディアは、近い将来、ハーランドのスーパースターとしての地位を保証している。

チームメイトたちはあなたを《マシン》と呼んでいます。

――あなたは常に練習場に一番乗りでやってきて、一番最後までいます。休養日までトレーニングをして、ドルトムントのチームメイトたちはあなたを《マシン》と呼んでいます。ちょっと恐ろしくはないですか。

「できるかぎりハードに取り組んでいるのは最高の選手になるためだ。だから目一杯トレーニングするし限界ぎりぎりの練習を常にしている。身体がその厳しさに耐えられるようになるために」

――家でもそうしていますか?

「たぶん……」

――秘密ですか?

「うーーん」

――あなたの父親は、あなたがクリスティアーノ・ロナウドの食事療法を真似ていると言っていますが。

「そうかも」

――どんな小さなディテールも曖昧なままにしない。眼を傷つけないための特製サングラスを持ち歩いているとか……。

「それは本当だ。眠るときにも役立っている。早く回復できるからね」

――どんなディテールも決しておろそかにしない。

「そうだ」

「まったく恐れない。怪我にビビることはない」

――あなたを最初に指導した監督は、あなたの最大の長所はメンタルの強さだと言っていますが?

「(微笑んで)その通りで、たしかに僕は強いと思う。精神的にもの凄くタフだ」

――自分を疑ったことはないですか?

「一度もないね」

――その自信はどこから来ているのでしょうか?

「僕がこれまで学んできたすべてのコーチたちからだ。少年のころのコーチやプロになってからのコーチたちだ。それから僕の周囲にいる人たち。彼らは本当に大切だ。あとは自分自身で得たものも大きい。僕は常に変わることなく自分を信じている」

――恐れるものは何かありますか。何も恐れていないように見えますが……。

「何もないね。蛇は嫌いだけど、それだけかなあ」

――怪我はどうですか?

「まったく恐れない。怪我にビビることはないね。そんなことを考え始めたら先になんか進めないだろう」

――以前にいちどサッカーから離れていた時期がありましたが。

「身体の成長が早すぎて4カ月間サッカーができなかった。最悪の時期で、嫌でたまらなかった。サッカー選手にとってプレーができないのは最悪以外の何ものでもないからね」

――サッカー以前に別のスポーツにもトライしたというのは本当ですか?

「ハンドボールをやった。悪くはなかったよ。他にも陸上競技とゴルフにもトライした」

ハーランド初となるロングインタビューの後半「ロナウドか、それともズラタンか? 今季話題の長身FW、ハーランドの秘密」では、憧れの選手に関する質問、現在の目標、そして、メッシ、ロナウド、イブラヒモビッチらへの評価に繋がっていく……。是非、関連コラムにてお読み下さい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
アーリング・ハーランド
レッドブル・ザルツブルク
ボルシア・ドルトムント

海外サッカーの前後の記事

ページトップ