フランス・フットボール通信BACK NUMBER

サッカー界、2020年最大の新星。
ハーランド自身初のロングインタビュー。 

text by

オリビエ・ボサール

オリビエ・ボサールOlivier Bossard

PROFILE

photograph byIorgis Matyassy/L'Equipe

posted2020/07/01 18:00

サッカー界、2020年最大の新星。ハーランド自身初のロングインタビュー。<Number Web> photograph by Iorgis Matyassy/L'Equipe

欧州の名だたるスポーツメディアは、近い将来、ハーランドのスーパースターとしての地位を保証している。

「試合全体を振り返ったときにどう評価できるか」

――絶対に満足することがないというのは本当ですか?

「その通りで、得点できなかったときは決して満足はしない。ただ、それも、パフォーマンスにもよる。まず最初に見るのがそこで、常に最高でありたいと思っているし、ずっと進歩し続けたいと願っている」

――そうは言ってもPSG戦で決めた2ゴールには満足していませんか?

「(しばし熟考して)オーケー、たしかに2点決めたけど、あの試合では本当に多くのミスを犯した。つまりもっといいプレーができたということなんだ」

――本当ですか?

「ああ、とにかくミスが多すぎた」

――得点できなかったときはどんな感じですか?

「それも場合による。得点だけがすべてじゃないからね。言っただろう。試合全体を振り返ったときにどう評価できるか。すべてを見て判断している」

遊ばない、酒を飲まない、ファストフードも食べない。

――今現在の自分のレベルに驚いていますか?

「いや」

――自分がこれだけ強く、速くなれると思っていましたか?

「子供のころから今のパフォーマンスを実現できるかもしれないと思っていた。違いを作り出せると。これから先さらに良くなっていくのもわかっている」

――さらに素晴らしくなると確信しているのですか?

「間違いないね」

――まだ19歳でしょう。自分を青年と感じていますか、それとも大人だと思っていますか?

「うーん、いい質問だなあ……(しばし考える)。答えはフィフティフィフティかなあ。ときに青年と思うし、ときにもう大人だと思う。ただ19歳だということは忘れていない。学ぶべきことがまだまだたくさんあるからね」

――あなたは遊ばないそうですしアルコールも飲まない。ファストフードも食べない。サッカー漬けの生活ですか?

「それもまた状況による。アルコールを飲むのもファーストフードを食べるのも、すべてはタイミングの問題なんだ。もちろんシーズン中は絶対そんなことはしない。でもオフの時期にはどっちも可能だ。うまくコントロールする術を学ぶ必要がある」

【次ページ】 チームメイトたちはあなたを《マシン》と呼んでいます。

BACK 1 2 3 4 NEXT
アーリング・ハーランド
レッドブル・ザルツブルク
ボルシア・ドルトムント

海外サッカーの前後の記事

ページトップ