フランス・フットボール通信BACK NUMBER

サッカー界、2020年最大の新星。
ハーランド自身初のロングインタビュー。 

text by

オリビエ・ボサール

オリビエ・ボサールOlivier Bossard

PROFILE

photograph byIorgis Matyassy/L'Equipe

posted2020/07/01 18:00

サッカー界、2020年最大の新星。ハーランド自身初のロングインタビュー。<Number Web> photograph by Iorgis Matyassy/L'Equipe

欧州の名だたるスポーツメディアは、近い将来、ハーランドのスーパースターとしての地位を保証している。

もしハーランドが何も喋らず取材が終わったら……。

 だが、そうした評判がどうであれ、ハーランドが今日のヨーロッパで最も注目される存在であるのは間違いない。様々な記録を塗り替え続け、PSGとのCLラウンド16第1戦でもチアゴ・シウバ=キンペンベのセンターバックコンビを翻弄した。そしてそんなハーランドについては、まだほとんど何も知られていない。

「彼が喋らなくてすぐに(インタビューが)終わってしまったら、残りの時間で写真をたくさん撮ってください」と広報が気を遣った。

 ほどなく到着したハーランドは、車を降りるや「ボンジュール、さっそく始めよう」と笑顔でわれわれに近づいてきた。時間は無駄にできない。

「大丈夫?」と何度もハーランドが確認するなか5分でフォトセッションを済ませると、プレハブ造りの建物へと移動した。

「椅子に座って話そう。そのほうが楽だから」

 こうしてインタビューが始まった。

「すべてをサッカーのために役立てること」

――インタビュー嫌いと聞きましたが本当ですか?

「誰がそんなこと言ったのかな?」

――どの記事にもそう書かれています。これまでの最長インタビューは、ノルウェーでおこなわれたもので8分だったとか……。

「いやいや、それは本当じゃない。誰がどんな質問をするかによるよ」

――あなたについて語るのであればいいのですか?

(肩をすくめて口を尖らせながら、「さあはじめよう」という仕草をする)

――この数カ月の間に生活が変わったと感じていますか?

「いや、そんなには変わっていない。僕は普通に選手としてドルトムントに来て、今も普通の選手だ。そこに変わりはない」

――誰もがあなたのことを話題にしているのを除けばですが……。イタリアでもイングランドでもスペインやフランスでも……。

「あなたはそう言うけど、僕は最近それらの国に行ってないからよくわからない。でも聞いて悪い気はしない。僕がいいことをしているということなんだろうか」

――ソーシャルメディアをやっているそうですが、ここ数週間はあなたの話題で持ちきりなのを見ましたか?

「たしかにやっているけど、僕は常に見ているわけじゃないし、自分について書かれていることを全部読んでるわけでもない。だからわからないよ」

――しかし新たなステイタスを得たのは悪くはないのでは?

「ああ、たしかに悪くない。でも僕が望むのは、すべてをサッカーのために役立てることだ。背後でそういうことが起こっているのはいいことかも知れない」

【次ページ】 「試合全体を振り返ったときにどう評価できるか」

BACK 1 2 3 4 NEXT
アーリング・ハーランド
レッドブル・ザルツブルク
ボルシア・ドルトムント

海外サッカーの前後の記事

ページトップ