Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

武豊に聞く。ディープインパクトは
サイレンススズカを差せるのか。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa(L&in the article),Takuya Sugiyama(R)

posted2020/06/27 11:50

武豊に聞く。ディープインパクトはサイレンススズカを差せるのか。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa(L&in the article),Takuya Sugiyama(R)

大逃げを打って直線で突き放すサイレンススズカ(左)と後方から豪快にまくって差すディープインパクト。勝負の行方、武の見解はいかに?

'98年の武は、サイレンススズカを中心に据えた生活に。

 武は掛け値なしに凄い馬だと思ったという。シャティンは力が必要で、逃げ馬には極めて厳しい馬場になっていた。そんな中で、「勝てるかも」と思わせた粘りに素直に驚いたのだ。

 その時、武は厩舎サイドに「想像していた以上に軽くて気持ちいい乗り味です。ただ、前向き過ぎる気性というのも、想像をはるかに超えていましたが(笑)」と、好印象を笑顔でまくし立てた。

 すると、5着という着順に最初はドヨンとした空気で迎えていた厩舎サイドも、大いに気をよくしたらしい。この時点で、来年の鞍上は武豊で固定というムードが出来上がった。

 '98年の武は、サイレンススズカを中心に据えた生活になった。

 わざわざオープン特別のバレンタインSに乗るために東京競馬場まで出向き、快勝。その後、中山記念(GII)も勝ち、小倉競馬場が改修工事中のために中京で行なわれた小倉大賞典に挑むことになった。

 1800mの小倉大賞典では、前半の1000mを57秒7で行って、上がりは4F48秒8、3F36秒4という優秀な時計で逃げ切り、楽勝した。

58秒で逃げて58秒で上がってくる競馬もできそう。

 武は、会心の騎乗で勝つと、週明けに出る専門誌を手に、ラップの分析を進んでしてくれる。この小倉大賞典のとき、特に2ハロンロに刻んだ11秒0というラップについて、「中距離戦では滅多にお目にかかれるものではないでしょう」と、実にうれしそうだった。

 次の金鯱賞(中京2000m)は、小倉大賞典以上に会心の騎乗だったはずだ。

 2着のミッドナイトベットや菊花賞馬・マチカネフクキタルなどに1秒8という大差をつけ、1分57秒8のレコードタイムで逃げ切った。前半の1000mを58秒1で逃げて、後半を59秒7で上がった。

 このレース後もご機嫌で、こんなことを語っていた。

「夢みたいな数字だけど、58秒で逃げて58秒で上がってくる競馬もできそうな気がしてきました」

【次ページ】 武が考える「理想のサラブレッド」とは?

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
サイレンススズカ
ディープインパクト
武豊
スーパークリーク
イナリワン
オグリキャップ
メジロマックイーン
エアグルーヴ
ダンスインザダーク
スペシャルウィーク
アドマイヤベガ
エアシャカール
クロフネ
タニノギムレット

競馬の前後のコラム

ページトップ