Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

武豊に聞く。ディープインパクトは
サイレンススズカを差せるのか。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa(L&in the article),Takuya Sugiyama(R)

posted2020/06/27 11:50

武豊に聞く。ディープインパクトはサイレンススズカを差せるのか。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa(L&in the article),Takuya Sugiyama(R)

大逃げを打って直線で突き放すサイレンススズカ(左)と後方から豪快にまくって差すディープインパクト。勝負の行方、武の見解はいかに?

共同記者会見で「オーバーペースがマイペース」。

 毎日王冠でのラップは前半1000mが57秒7、残りの800mを47秒2で駆けた。上がり3ハロンのタイムはレースで最速だったエルコンドルパサーから0秒1遅いだけだった。

 まさに、ハイペースで逃げて、最後も伸びるというレースを実践していた。

 この時点で、4歳時は負けなしの6連勝。内容的にもほばワンサイドの連続だった。

 そして、天皇賞を迎えた。

 追い切り後の共同記者会見で、「オーバーペースがマイペース」と言い放った武は、本気で58秒で行って58秒で上がってくる競馬が、サイレンススズカになら出来ると思っていたはずだ。

 当日の体調について、厩務員の加茂と、武は、「あのときが間違いなく一番具合がよかった」と口を揃えて言う。たしかに、そうでなければ出だしの1ハロンを13秒0とゆったり入ったあと、2ハロン目から加速して、10秒9、10秒7と2本ハイラップを続けて後続を離してしまうことなどできないだろう。武は言う。

「あのレース(毎日王冠)のおかげで、天皇賞は誰も追いかけてきませんでした。ケンカを売ったら、自分が潰れてしまうということを、みんな目の当たりにしたわけですからね」

激痛に耐えて、最後まで立っていた。

 1頭だけ別次元でレースをしているかのようだった。

 1000mの通過は57秒4。

 とんでもないレコードが出る、と期待に胸を膨らませた次の瞬間、悲劇は起きた。

 東京競馬場の不動のシンボルである、3コーナー過ぎの大ケヤキのご神木を過ぎたところだった。

 前ぶれもなにもなく、左前脚手根骨の粉砕骨折という致命的な故障が発生。後続が大きく離れていたため、武豊騎手は異変を後方馬群にアピールしながら、傷ついたサイレンススズカを馬場の外側に誘導した。

 普通ならその場に倒れてしまってもおかしくないほどの大きな故障だったのに、サイレンススズカは激痛に耐えて、最後まで立っていた。

 武はその時をこう回想する。

「あそこで倒れていたら、レースそのものが成立していなかったかもしれません。ボクも大怪我をしていたでしょうしね」

【次ページ】 愛馬の頭を抱きながら涙も涸れ果てるほど泣いた。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
サイレンススズカ
ディープインパクト
武豊
スーパークリーク
イナリワン
オグリキャップ
メジロマックイーン
エアグルーヴ
ダンスインザダーク
スペシャルウィーク
アドマイヤベガ
エアシャカール
クロフネ
タニノギムレット

競馬の前後のコラム

ページトップ