野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

BC神奈川の秘密兵器、杉浦健二郎。
「僕が独学で150kmを投げるまで」 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byTomosuke Imai

posted2020/05/17 10:00

BC神奈川の秘密兵器、杉浦健二郎。「僕が独学で150kmを投げるまで」<Number Web> photograph by Tomosuke Imai

150kmを計測したトライアウトでは、打者4人を相手に無安打2奪三振。自ら立ち上げた草野球チーム「相模台レイダース」は後輩に譲り、最短でのNPB入りを目論む。

「独立リーグで勝負するのは1年だけ」

 神奈川フューチャードリームスの鈴木尚典監督は杉浦を投手と野手の二刀流で使うことを示唆している。チームからの指導は基本的にわからないことがあれば杉浦が乾真大コーチに聞きに行くというスタンスが取られているが、一方でプロのトレーナーから与えられた練習メニューをこなすことによって、メキメキと力がついている実感も得ているという。

 何しろ伸びしろは十分にあるのだから、ここから先、どこまで成長していくのか楽しみだ。

「独立リーグで勝負するのは、この1年だけです。自分の中ではこの1年のうちに球速155kmまで上げて、NPBへ、みたいなルートは考えているんですよ。そのためにも目標はポジションとか勝ち星じゃないです。曖昧なんですけど、“今の自分の一番いいピッチングをする”ということ。

 今年の秋にNPBのドラフトに掛からなければ大学に戻って普通に就職活動します。面接で『この前までプロ野球目指していました』と言えたら面白いのかなとも思いますしね(笑)」

開幕延期でも、焦る様子はまったくなし。

 BCリーグの開幕も延期が続いている。それは残された時間が刻一刻と減っていくことでもあるが、杉浦は焦る様子をまったく見せない。聞けば自室に人工芝を張ってスパイクでシャドーピッチングをするなど、“今の環境で何ができるか”を自分の頭で考えて実行しているそうだ。

 その様はこの逆境を乗り越える工夫を楽しんでいるようにも思えてくる。戦後初の非常事態という逆境は、“草”から生まれた雑草にとっては追い風となるのか。もしかするともしかする、神奈川ドリームフューチャーズの背番号34。杉浦健二郎の今後に注目したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
神奈川ドリームフューチャーズ
杉浦健二郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ