野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

BC神奈川の秘密兵器、杉浦健二郎。
「僕が独学で150kmを投げるまで」 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byTomosuke Imai

posted2020/05/17 10:00

BC神奈川の秘密兵器、杉浦健二郎。「僕が独学で150kmを投げるまで」<Number Web> photograph by Tomosuke Imai

150kmを計測したトライアウトでは、打者4人を相手に無安打2奪三振。自ら立ち上げた草野球チーム「相模台レイダース」は後輩に譲り、最短でのNPB入りを目論む。

草野球だけで才能が伸びた理由。

「このチームを見て、『ああ、野球っていいな!』と改めてのめり込んで行きました。高3の最後には自分でメンバーをあつめて草野球チームを作りましたけど、練習はしないで全部試合のチームです。大学に入学した後に硬式野球部ではなくて草野球サークルに入ったことも、全力で野球を楽しみたかったからです。

 その頃の試合ですね。ピッチャーをやってみると、高校野球経験者から『140kmは出ているよ』と言われて、へぇそうなのかと。当時は独立やプロに行きたいなんて考えもありませんよ。暫くした2年生の6月頃ですかね。大学の野球サークルから休学してBCリーグに進んだベイスターズの笠井(崇正)投手の存在を知って、在学したままでも独立リーグいけるのか……と徐々にその先を考えるようになっていました」

 日を追うごとに「もっと上手くなりたい」という思いが強くなっていく。それでも指導者に投球フォームやトレーニング方法を教わるでもなし。年間100試合以上をこなした草野球の実戦のみで、杉浦が本格的に才能を伸ばすことができた大きな理由は、自分の頭で考えるクセがついていたこと。

 そして、他の選手の動きを見ただけで全体像を把握し、自分の中に落とし込める“モノマネ”の能力が抜けていたことが挙げられる。

手っ取り早いのはプロ野球選手のマネ。

 過去の記事によると、あらゆる動画を参考にして作ったフォームは、大まかな部分は千賀滉大、腕の振りは山本由伸、肘の抜き方は安樂智大を参考にしているなんて、野球版フランケンシュタインだか市町村合併で政令指定都市となった相模原市のような話も出て来る。なんと稀有な能力なのだろうか。

「上手くなるために手っ取り早いのはプロ野球選手のマネをすることです。昔から藤川球児投手とか好きな選手のフォームをよくマネしていましたし、特徴を掴むことが得意なのだろうとは思います。高校のバドミントンも上手な先輩の動きをすぐにマネすることができたし、自分でいうのもなんですけど、スポーツはなんでもできるんです。

 1カ所だけをマネするわけじゃなくて、腰の動きなどを中心に全体像を見て、そのイメージを自分の身体に当てはめればその形になるというか(笑)。わりとすぐにマネできるんですよ。ただ、千賀投手や安樂投手、山本由伸は同時に取り入れていたわけではなくて、基本取り入れられるフォームは1人だけ。そこから自分の腕の振りなどにマッチさせていくんです……ってこの感じわかりますかね?」

【次ページ】 自分の体でできる、プロの投げ方を。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
神奈川ドリームフューチャーズ
杉浦健二郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ