野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

BC神奈川の秘密兵器、杉浦健二郎。
「僕が独学で150kmを投げるまで」

posted2020/05/17 10:00

 
BC神奈川の秘密兵器、杉浦健二郎。「僕が独学で150kmを投げるまで」<Number Web> photograph by Tomosuke Imai

150kmを計測したトライアウトでは、打者4人を相手に無安打2奪三振。自ら立ち上げた草野球チーム「相模台レイダース」は後輩に譲り、最短でのNPB入りを目論む。

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph by

Tomosuke Imai

 生まれは神奈川の相模原。中学まで軟式野球で高校時代はバドミントン部。大学で草野球に目覚め、打てば吉田正尚、投げれば150km。左右投げ左右打ち。中央大学法学部在学中。何刀流なのかは本人もわかっていない。

 このコロナ禍が、我々から未だに隠しているもの――。

 今季から独立BCリーグに参入した新球団“神奈川フューチャードリームス”。

 そして、同球団の超秘密兵器、杉浦健二郎という異能の投手である。

「自粛になってから、チームの練習はストップしちゃいましたけど、僕は全然悲観的に捉えていませんよ。家でもストレッチはできるし、人と接触しない深夜や早朝なら公園で練習もできています。あと、僕は硬球を使うのがはじめてなので、慣れるための時間が長く取れるのは決して悪い時間じゃないかなと。はい」

 硬式野球経験はほぼなし。150kmを投げて話題になった昨年11月のBCリーグ合同トライアウトが人生で硬球を投げた3度目の経験で、本格的に硬球を触り始めたのは年明けから。草野球の独学で、杉浦はなぜ150kmもの球速を出せるようになったのか。

中学時代から130km出ていた?

「なんで……なんですかね。具体的に“球速を上げるためにこれをやった”と言えるものがないので正確なことは言えませんが、子供の頃から球速を上げるためには身体をどう使って投げればいいか、わかっていたんだと思います。

 昔から遠投とか“一発だけ”なら爆発的な力で投げることができたんです。背中で弓みたいに弾き出すようなイメージなんですけど、これをやれば今でも球速も遠投も伸びることはわかっています。トレーナーの人が言うには速い球を投げる為に必要な広背筋が発達しているみたいですね」

 中学時代には必殺の一撃で『130kmほどの速球は投げられた』という右腕は、中2で肘、中3の春に肩と立て続けに故障し公式戦は未登板。最後の夏は背番号4をつけてセカンドを守っていた。

【次ページ】 野球部の理不尽な指導に嫌気がさした。

1 2 3 4 5 NEXT
神奈川ドリームフューチャーズ
杉浦健二郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ