モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

MotoGP史に今も輝く加藤大治郎。
ロッシをも恐れさせた永遠の天才。

posted2020/04/27 18:00

 
MotoGP史に今も輝く加藤大治郎。ロッシをも恐れさせた永遠の天才。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

世界グランプリに参戦して、わずか2年あまりでその頂点に手をかけるまで、一気に駆け上った加藤大治郎。

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph by

Satoshi Endo

 雑誌『Sports Graphic Number』が創刊40周年、通算1000号を迎えました。記念すべき1000号の特集テーマは「ナンバー1の条件」。NumberWebではこの特集を記念して、「私のナンバー1」という特集記事を配信することにいたしました。今回は、MotoGPフォトジャーナリストの遠藤智氏が綴る、ナンバー1ライダー加藤大治郎の記憶です。

 2003年4月6日、鈴鹿サーキットで行われたロードレース世界選手権・第1戦日本GPの決勝レースで、優勝候補のひとりだった加藤大治郎がスタートから3周目、最終コーナーの入口で激しく転倒した。医務室に運ばれたが危篤状態となり三重県立総合医療センターにヘリコプターで緊急搬送された。しかし、2週間後の4月20日、収容先の病院で亡くなった。

 あれから17年の歳月が過ぎた。

 時間の経つのは本当に速いが、17年が経ったいまも、彼を超える日本人選手は出てこない。世界を見渡しても、当時の彼と戦えるライダーは、数えるほどしかいない。まさに、日本が生んだ「ナンバー1ライダー」だった。

 以下の引用文は、彼が亡くなったときに僕がナンバーに書いた記事である。始めて加藤大治郎の記事を読む読者には大変申し訳ないのだが……その冒頭部分をぜひ読んでもらいたいと思う。

「加藤大治郎よ、永遠に(https://number.bunshun.jp/articles/-/13361)」(2003年5月8日)

~~~~ 以下、記事冒頭からの引用 ~~~~
 誰もが彼のことを“大ちゃん”と呼んだ。もしかすると僕も、初めて話したときからそうだったかもしれない。
「大ちゃんという速い子がいる。あの子は世界チャンピオンになるよ」
 彼の走りを見た人はみんな、そう言った。埼玉県荒川土手の小さなコースで才能に磨きをかけていた少年の名前が、レース関係者の間でささやかれるようになるのに、そう時間はかからなかった。
 小さな頃から神童、そんな逸話はいくらもあるが、大ちゃんの世界制覇は、この頃からすでに折り紙つきだった。少年時代から、ともにレースを戦ってきたノリック(阿部典史)の父・光雄さんは、
「昔から大ちゃんは天才的な走りをしていた。絶対に世界チャンピオンになる」
 と言っていた。当時のWGP250ccクラス王者の原田哲也をして「大治郎はすごいやつ」と言わしめたのは、まだ大ちゃんが全日本にデビューしたばかりの頃の話だ。
 そんな周囲の期待に大ちゃんは次々と応えていく。大舞台には滅法強く、次々にタイトルを制覇。それでいて誰にでも愛される“いいやつ”とあれば、スーパースターにならない訳がなかった。
~~~~ 以上、引用終わり ~~~~

【次ページ】 無敵のスター、ロッシに唯一対抗できるライダー。

1 2 3 4 5 NEXT
加藤大治郎
バレンティーノ・ロッシ
阿部典史
原田哲也

MotoGPの前後のコラム

ページトップ