モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

日本人の若きタレントが揃い、
来季のMoto3が俄然面白くなる!

posted2019/12/01 19:00

 
日本人の若きタレントが揃い、来季のMoto3が俄然面白くなる!<Number Web> photograph by Satoshi Endo

左から、鈴木竜生(8位/2019年成績、以下同)、小椋藍(10位)、鳥羽海渡(19位)、佐々木歩夢(20位)、真崎一輝(27位)。

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph by

Satoshi Endo

 昨季に引き続きグランプリ史上、最多レース数となる19戦で戦われた2019年シーズンが終了した。

 今年もマルク・マルケスが強く、12勝18回の表彰台に立つ素晴らしい活躍で、4年連続6回目のチャンピオンに輝いた。結果として、転倒した第3戦アメリカズGPをのぞき、すべてのレースで優勝争いを繰り広げたことになる。

 優勝回数では'14年の13勝には届かなかったが、「これまでで最高のシーズン」と自身が振り返る完璧な1年だった。

 まさに今季は、打倒マルケスに燃えるグランプリ界だったが、来季もマルケスの独走は続くのか、それとも誰かが止めるのか、というところに注目されるシーズンとなってしまった感はある。

 そして、日本のレースファンをもっとも沸かせたのは、Moto3クラスの若い選手たちだ。

 開幕戦カタールGPで鳥羽海渡(ホンダ/Honda Team Asia)が初優勝を達成。

 第4戦スペインGPでは鈴木竜生(ホンダ/SIC58 SQUADRA CORSE)が2位で表彰台に立ち、後半戦に入ると第13戦サンマリノGPで初優勝を達成した。

 そして、第14戦アラゴンGPでは小椋藍(ホンダ/Honda Team Asia)が初表彰台獲得の2位に――。

 全19戦を戦い抜いた中で、4レースで日本人選手が表彰台に立ったのである。

 実際のところ、表彰台に立てなかったレースでも常に優勝争いに日本人選手が加わっていたのだから、ワクワクドキドキ感では、この十数年経験できなかったシーズンと言えた。

まるで日本の全盛期を思わせるタレント揃い。

 記録を調べると、同じクラスで同一シーズン、3人以上の日本人選手が表彰台に立ったのは、2001年の東雅雄、宇井陽一、上田昇以来、実に18年ぶりのことだ。

 確かに、この十数年は、日本人選手が表彰台に立つのも稀で、開幕戦カタールGPで鳥羽が達成した優勝は、Moto3(125ccクラス)では'07年の小山知良以来となる12年ぶりの快挙だった。'12年にスタートした4ストロークエンジンを搭載したMoto3クラスでは初となる日本人の優勝者になったのだ。

【次ページ】 子供時代からレースを始めた十代のライダー達。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鳥羽海渡
鈴木竜生
小椋藍
佐々木歩夢
真崎一輝

MotoGPの前後のコラム

ページトップ