令和の野球探訪BACK NUMBER

SBドラフト2位東海大・海野隆司に
スカウトが重ね合わせた名捕手の姿。 

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph byYu Takagi

posted2019/11/20 11:40

SBドラフト2位東海大・海野隆司にスカウトが重ね合わせた名捕手の姿。<Number Web> photograph by Yu Takagi

関西大に敗れ、悲願の日本一を逃した東海大・海野隆司。甲斐拓也のような信頼される捕手を目指してプロの世界に進む。

東都大リーグ王者を抑えたインコース。

「献身的にリードしていましたよね。リーグ戦ではあまり使っていなかったインサイドも使っていましたし、低めに投げさせるためにワンバウンドもしっかり止めていました」

 東都大学リーグ王者の中央大と対戦した2回戦。そのインコースの使い方が勝敗を分けた。

 相手の4番には、今年の日米大学野球で共に優勝に貢献した3年生スラッガーの牧秀悟がいた。海野は「牧を抑えるにはインコースを使うしかない」と判断。既に3点を奪われる劣勢の中、「少し甘くなってもいい」と思いきり投げるよう、2番手左腕の3年生・松山仁彦に伝えた。松山は安打と死球こそ与えながらも、後続の打者を抑えてピンチを脱し、以降はスコアボードにゼロを並べた。

 登板直後は見極められていたカットボールやスライダーにも海野は「もっと腕を振れ」と指示。すると、相手打者はおもしろいように手を出すようになる。警戒していた牧に対しても、第3打席以降は無安打に抑えた。

「海野さんは内と外を使って、打てないコースを突いてきました」

 大学屈指のバッターは唇を噛みながら、そうつぶやいた。

鋭さと気配りに城島をだぶらせるスカウト。

「一軍で起用した際にどうなるか?」

 海野を長く視察してきた荒金スカウトはそんな思いで見守ってきたという。「視野も広いし、常に走者を(刺そうと)狙っている」と評する殺気漂うような鋭さに加え、投手への温かな気配りには、かつてホークスの礎を築いた捕手の姿をだぶらせていた。

「審判がボールを換えた時やワンバウンドしてボールに砂がついた時。彼は必ずボールを手でこねてから投手に渡しています。そうした一貫した所作に人間性が出ますよね。かつてそれは城島健司さんも一貫してやっていたことです」

【次ページ】 「藤井さんの教えがあったので」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

海野隆司
東海大学
福岡ソフトバンクホークス
甲斐拓也

大学野球の前後のコラム

ページトップ