大学野球PRESSBACK NUMBER

ドラフト候補投手を輩出する日体大。
「感覚を掴む」指導と部内改革。

posted2019/10/16 20:00

 
ドラフト候補投手を輩出する日体大。「感覚を掴む」指導と部内改革。<Number Web> photograph by Yu Takagi

大学日本代表にも選ばれた吉田大喜。150キロの速球とキレのある変化球を操る、完成度の高い注目右腕だ。

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph by

Yu Takagi

 2019年のドラフト会議がいよいよ明日、開催される。

 そんな中、今年も日本体育大学の試合に多くのスカウトが詰めかけた。昨年は松本航が西武1位、東妻勇輔がロッテ2位でドラフト指名を受けた。それぞれプロ1年目で7勝(16試合登板)、3勝(24試合登板)と上々の成績で終えた。

 そんな彼らに続けと、今年もまた2人の右腕が大きな注目を集めている。

 威力と角度のある最速150キロのストレートと多彩な変化球が、キレ、制球ともに良く、上位候補との呼び声高い吉田大喜。最速154キロのストレートやスライダーなどで相手をねじ伏せるタイプの北山比呂。2人の候補がそれぞれタイプが異なるというのも昨年と同様だ。

 また、彼らにはもう1つ共通点がある。吉田は大阪の公立校である大冠高、北山は名門・横浜高の出身だが1学年下の藤平尚真(楽天)らの影に隠れて4番手の投手と、甲子園で華々しい活躍を遂げてきたような選手ではない。ちなみに1学年下にも、来秋のドラフト上位候補とされる森博人という最速154キロ右腕がおり、彼もまた愛知・豊川高校では甲子園出場は果たせていない。

 このように、大学での大きな成長を遂げてひのき舞台へ上がっていこうとしているのだ。そんな活況を呈する日体大投手陣の要因を探った。

キーマンは元中日の若手コーチ。

 日体大投手陣のキーマンとなるのは、古城隆利監督から投手の指導や起用を一任されている辻孟彦コーチだ。日体大卒業後、投手として入団した中日で3年間の現役生活を終えた後、母校のコーチに就任し5年目。30歳と指導者としてはプロ・アマ問わず「若手」の部類に入るが、前述の松本、東妻、社会人野球の新日鐵住金鹿島(現日本製鉄鹿島)を経て今季からDeNAでプレーする大貫晋一と、既に3投手をプロに送り出している。

 また、今年は公式戦登板が一度もない右腕・柴田大地(現在、トミージョン手術からのリハビリ中)が日本通運に内定を得るなど、その投手育成能力は各界から信頼を得ている。

【次ページ】 まずは長所を、短所は後で。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

日本体育大学
吉田大喜
北山比呂

プロ野球の前後のコラム

ページトップ