ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

「久保建英、中島翔哉の加速が頼り」
トルシエが指摘する前線の重さ不足。 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/07/01 11:45

「久保建英、中島翔哉の加速が頼り」トルシエが指摘する前線の重さ不足。<Number Web> photograph by Getty Images

エクアドル戦を「勝てる試合」と表現したトルシエだが、若き日本代表の得たものは大きいとみている。

全体的にはポジティブな大会だった。

「それが疲れによるものとは私は思わない。選手が無意識のうちに経験を得たと感じ、個人レベルでより力を発揮しようとしたように見えたからだ。それは日本が課題として近い将来、絶対に超えていかねばならない段階だ。しかし今日の試合に関しては、もっと高いディシプリンと強度の高いプレス、そして統一性が必要だった。

 チリ戦やウルグアイ戦とは異なる戦略を日本はエクアドル戦で採用した。そこからわかるのは、今の日本が勝つための唯一の武器は統一性であり、コンパクトなプレーであり、ブロックであるということだ。

 残念ながら今日の試合ではそれらが十分ではなかった。選手たちが弛緩しているように見えたし、個人プレーに走っていた。だから得点機会は何度も作ったが決めきれず、負けていてもおかしくはなかった。

 引き分けは妥当な結果で、日本はグループリーグで敗退した。残念な結果ではあるが、全体を振り返るととてもポジティブな大会だった。日本はこの大会で成長したし、若い選手たちのチームを構築することができた。チームの骨格が定まったわけで、決して時間を無駄にしてはいない」

素晴らしいチームで五輪に臨める。

――それでは来年の東京五輪に向けて、このまま進めばいいということですか?

「そうだ。しかし本物のA代表の活動もあるから、それとは別に彼らのために試合を組み、プレーの機会を与え続けてチームを強化していく必要がある。このまま歩んでいけば、五輪代表は申し分のない準備ができる。

 選手たちがこれから先の6カ月、1年で大きく進歩するのは間違いない。日本の準備は決して遅れてはいない。すべての道は開かれている。1年後には素晴らしいチームで東京五輪に臨めるだろう」

――わかりました。メルシー、フィリップ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
森保一
久保建英
三好康児
中島翔哉
フィリップ・トルシエ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ