沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

アーモンドアイは強かったが……。
スタートで全てが崩れた安田記念。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2019/06/03 11:30

アーモンドアイは強かったが……。スタートで全てが崩れた安田記念。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

希望なしに見えた位置から詰めたアーモンドアイに、それを抑えきったインディチャンプ。どちらも強いレースだった。

ラスト400mで7馬身差を詰めはしたが。

 前週の日本ダービーでは、大本命のサートゥルナーリアが出遅れて、そのロスを最後までリカバリーできず、4着に敗れた。

 2400mのダービーでさえ、ハイペースになっても前が残りやすい今の高速馬場では、スタートの遅れが致命傷になる。いわんや1600mにおいてをや、である。

 アーモンドアイは、向正面なかほどで、先頭を走るアエロリットから10馬身近く離れた後方を進むことになった。

 直線でもすぐには進路を確保できず、メンバー最速の上がり32秒4の末脚で猛追するも、3着までだった。

「直線ではよく伸びてくれた。頑張った。これも競馬です」とルメール。

 管理する国枝栄調教師は「スタートがすべてだった」と苦笑し、こうつづけた。

「ちょっとのアクシデントでも命取りになるのに、あそこまでの不利を受けると、苦しいですね。あり得るかなと思っていたパターンではありました。馬は大丈夫です。ルメールも気になるところはないと言っています」

 ラスト400mを切ってようやく前がクリアになったとき、先頭から7馬身ほども差があったのに、タイム差なしの3着まで追い上げたのだから、やはり強い。

 スタートで5馬身の不利を受けたから、ゴールでも5馬身後ろになるという単純なものではないが、あの不利がなければ、と思わせる内容だった。

 今後は放牧に出る予定。次走は10月27日の天皇賞・秋などを視野に入れている。

 なお、最下位に終わったダノンプレミアムは、入線後、鞍上の川田将雅が下馬して心配されたが、異常なしと診断された。

インディチャンプは宣言通りのレース。

 一方、勝ったインディチャンプは、パドックで福永が「3列目のインを取って、直線で馬群を割っていきます」と音無調教師に言ったとおりのレースをした。

 道中は、ハナを切ったアエロリットから2、3馬身離れた3番手で折り合った。

「いい枠(5番)だったので、スタートだけはミスしないよう気をつけました。ゲートを出て、ポジションを取りに行ってもリラックスしていた。行った先で脚を溜める走りができるようになったのは、前走も出して行ったからだと思います」と福永。

 前走のマイラーズカップは、折り合いがつかず4着に敗れた。が、それまでのレースでは中団や後方に控え、この馬の瞬発力を引き出す競馬をしていた。そのうえで出して行く競馬を経験させ、前につけても弾けるようにしたのだ。

【次ページ】 最強世代にまた1頭強い馬が現れた。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アーモンドアイ
インディチャンプ
武豊
福永祐一

競馬の前後のコラム

ページトップ