フランス・フットボール通信BACK NUMBER

欠場してもチームを勝たせるエース。
ケインがトッテナムで特別な理由。 

text by

フィリップ・オクレール

フィリップ・オクレールPhilippe Auclair

PROFILE

photograph byAlexis Reau/L'Equipe

posted2019/06/01 11:30

欠場してもチームを勝たせるエース。ケインがトッテナムで特別な理由。<Number Web> photograph by Alexis Reau/L'Equipe

劇的な逆転勝利で決勝に駒を進めたトッテナム。ケインのロッカールームでの檄がチームに勇気を与えた。

創造性溢れるケインのプレー。

 ケインが先発の11人に入っているか否かで、トッテナムはまったく異なるチームになる。

「ポチェッティーノの攻撃的なスタイルは、実際のプレー同様に頭の中の判断も速い選手たちの流動性がベースになっている」とハザードはいう。

「ソンやデル・アリ、(クリスティアン・)エリクセン、ルーカス、(エリック・)ラメラらが際限なく動き回る。そんな中でハリーはちょっと機動性を欠く。だがそれでも彼は、ボールをなるべく高い位置で奪おうと激しくプレスをかけ、前線の起点となってDFに脅威を与える。

 最大の特徴のひとつは相手DFを剥がしたり無力化して、チームメイトが中盤から攻めあがるためのスペースを創り出す能力だ。

 同時に彼はオーソドックスなターゲットマンでもあり、抜け目がないうえに戦いにも強く空中戦も決して怯まない。優れた創造力も併せ持っており、イングランドの9番の中ではアシスト能力にも長けている。

 創造性豊かな彼のパスを見るのは大きな喜びだ」

周りの選手たちが、全員成長した。

 ケイン不在の間、チームはアタッキングサードの動きを強化し、相手のバランスを崩すためにさらに加速しなければならなかった。

 その結果どうなったか――。

 ソンはひと皮むけて速さに安定感が加わり、ルーカスは頼りがいのあるストライカーになった。

「ハリーがスタティックだった選手たちの関係をダイナミックにした。今の彼らはとても危険だ。

 ハリー以上に優れたプレーのビジョンを持ち、効果的に得点を決められる技術のあるセンターフォワードがいるだろうか。しかもチームにコレクティブに貢献しながら。私は彼以外に誰も知らない」

【次ページ】 不在でも万能な存在感を出す選手。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ハリー・ケイン
ソン・フンミン
デル・アリ
ルーカス・モウラ
トッテナム
リバプール

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ