フランス・フットボール通信BACK NUMBER

欠場してもチームを勝たせるエース。
ケインがトッテナムで特別な理由。

posted2019/06/01 11:30

 
欠場してもチームを勝たせるエース。ケインがトッテナムで特別な理由。<Number Web> photograph by Alexis Reau/L'Equipe

劇的な逆転勝利で決勝に駒を進めたトッテナム。ケインのロッカールームでの檄がチームに勇気を与えた。

text by

フィリップ・オクレール

フィリップ・オクレールPhilippe Auclair

PROFILE

photograph by

Alexis Reau/L'Equipe

 今季のトッテナムがCL決勝まで勝ち上がった要因のひとつにハリー・ケインがあげられる。しかしケインは、ソン・フンミンやデル・アリ、ルーカスらのように、必ずしもプレーでチームに貢献しているわけではない。ピッチに立とうが立つまいが、チームに対して厳然たる影響力を発揮する。それこそがケインという存在の真骨頂である。

 いったいどういうことなのか。

『フランス・フットボール』誌5月28日発売号で、フィリップ・オクレール記者が特異な存在感を放つケインの謎を解き明かす。

監修:田村修一

ケインがいなくてもトッテナムは強い!?

 数字だけを考慮すれば、今季のハリー・ケインはトッテナムというチームにとって疫病神以外の何ものでもない。2年前にも痛め、そのときは8試合の欠場(プレミアリーグとCL)を余儀なくされた足首靭帯の損傷で今季も14試合を休まざるを得ず、ウェンブリーと新スタジアムのピッチに立てなかったのだから。

 奇妙なことに、彼の欠場はチームに大きな影響を与えなかった。

 トッテナムに復帰した2013-14シーズン以降、出場した試合の得点の40%にケインはかかわっている。具体的に言えば、リーグ戦とCLでチームがあげた354点のうち、142点が彼の得点かアシストによる。それだけの貢献をしているのに、欠場が成績に影響を及ぼさない。

 これはどういうことなのか。

 彼を欠いたこの1~2月の5試合を、トッテナムは全勝で乗り切った。CLでドルトムントを3-0と粉砕したのをはじめ、リーグも4連勝。首位を行くシティとリバプールに勝ち点5差まで迫り、トップを射程に捉えたかにも見えた。

 ところが彼の復帰とともに失速が始まる。ピッチに戻ったケイン自身は、5試合で3ゴールと好調だった。だがチームは、この間わずか勝ち点1をあげるのみに留まった。

 さらに2カ月後、彼の欠場をよそに、チームはエティハドスタジアムで3-4という歴史的な戦いを演じ、初のCL準決勝進出を果たした。そして準決勝ではアヤックスにもアウェーで3-2と競り勝ち、ついに決勝にまで到達したのだった。

【次ページ】 数字だけでは分からないケインの能力。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ハリー・ケイン
ソン・フンミン
デル・アリ
ルーカス・モウラ
トッテナム
リバプール
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ