フランス・フットボール通信BACK NUMBER

カナダでサッカーのプロリーグ誕生!
MLSよりも面白い制度で注目集まる。

posted2019/06/02 11:00

 
カナダでサッカーのプロリーグ誕生!MLSよりも面白い制度で注目集まる。<Number Web> photograph by Canadian Premier League

CPLに所属するクラブを代表して、その各クラブの選手たちが参加したポスター。

text by

ブラディミール・クレセンゾ

ブラディミール・クレセンゾVladimir Crescenzo

PROFILE

photograph by

Canadian Premier League

 この4月27日、カナダにおける初めてのプロリーグとなる「カナディアン・プレミアリーグ(CPL)」が開幕したのを、皆さんはご存じだろうか。

 7チーム(カバルリーFC、FCエドモントン、HFXワンダラーズ、バラーFC、ヨーク9FC、フォージFC、パシフィックFC)によるスタート。第1シーズンは7月1日まで続く。

 プロリーグの創設は、2026年に共同開催国となるワールドカップに照準を合わせてのことである。いったいカナダは、新リーグにどんな展望を抱いているのか。『フランス・フットボール』誌4月30日発売号でブラディミール・クレセンゾ記者がレポートする。

監修:田村修一

国際的に活躍できなかったカナダ代表チーム。

 1986年6月1日、カナダは初出場を果たしたワールドカップ・メキシコ大会初戦のフランス戦に0対1と敗れた。それから8日後までに、ハンガリー(0対2)とソ連(0対2)を相手にさらに敗戦を重ね、3連敗で大会を後にしたのだった。

 以降、カナダは1度として本大会にコマを進めていない。ところが3年後のカタール大会がどうなるにせよ、続く2026年大会をアメリカ、メキシコとともに共同開催するカナダは、7年後の大会出場がほぼ保証されているのである。

 そこでいったいカナダは、何をしようというのか?

 '86年の失敗を繰り返さないためにカナダが選んだのは根本的な対策――プロリーグの創設であった。

 新たに設立された「カナディアン・プレミアリーグ(CPL)」の目的は、地元サッカーの活性化に他ならない。

「カナダのチームは自分の居場所を確保しづらかったんだ」とFCエドモントンに所属し、CPLのおかげでNASL(アメリカ2部リーグに相当)から地元復帰を果たしたフィリップ・リンコート=ジョセフは言う。

【次ページ】 2026年W杯共同開催に向けた大きな前進。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

カバルリー
エドモントン
ワンダラーズ
バラー
ヨーク9
フォージ
パシフィック
中島ファラン一生

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ