“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

尚志FW染野唯月は凄みを増した。
衝撃のハットにも「もう驚かない」。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/04/15 07:00

尚志FW染野唯月は凄みを増した。衝撃のハットにも「もう驚かない」。<Number Web> photograph by Takahito Ando

高円宮杯プレミアリーグEASTの開幕戦でいきなりハットトリックを決めた尚志・染野唯月。格の違いを見せつけた。

「覚醒」ではなく「さすが染野」へ。

 もう覚醒という言葉は要らないだろう。

 開幕戦でのハットトリックは「こんな凄い選手がいたのか」、「こんなに成長したのか」ではなく、「染野ならやるよね」、「さすが染野」という評価に変わっていたからだ。

 無論、本人にとってそうした評価の劇的な変化は関係なく、変わらぬ自分の現在地に対して、地に足をつけながら前に進もうとしている。

「選手権があって、今の自分があると思っています。自分でもびっくりでした。でも、同年代の西川潤などはずっと『レベルが違うな』と思っていた。早く追い越したいというのが本音ですが、みんなとやっている場所に早く追いつきたいと思います。潤とは高校選抜で一緒にやった時に本当に上手いと思いましたし、ボールが取れなくて、まさにプロというか。言っちゃえば別格ですから」

 今、染野は日本高校選抜の一員としてヨーロッパ遠征に帯同されている。そこで新たな経験を積み、さらに凄みを増していくだろう。もう彼の成長には驚かない。それだけの明確な裏付けが彼にはあるのだから。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
染野唯月
西川潤
尚志高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ