JリーグPRESSBACK NUMBER

元フロンターレ井川祐輔の香港挑戦。
「裏海外組の凄さを知ってほしい」 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byKawasaki Frontale

posted2018/07/09 17:00

元フロンターレ井川祐輔の香港挑戦。「裏海外組の凄さを知ってほしい」<Number Web> photograph by Kawasaki Frontale

12シーズンにおよぶフロンターレ生活の後、香港移籍を決めた井川祐輔。そのプレーと表情には充実感が漂う。

移籍を手助けしてくれた2人の選手。

――その間、トライアウトを受けていますよね。Jリーグへの思いもあったのですか?

「海外でやるということは決めていました。妻にも“国内での最終経歴を川崎で”と伝えていました。トライアウトに出ることが自分にとって良い経験になるのかなと思って参加しましたが、日本での移籍先は探してはいなかったんです」

――そこから香港にたどり着いたのはどういう経緯があったのでしょうか?

「もともとACLなど海外で試合をするのがすごく好きで、いつかは海外でやりたいという思いを胸に秘めていたんです。その中で何回か旅行で行った香港にチームがあると知り、“香港でプレーしたい”と思っていた。なので香港にいる友人に『どこかチームがないか』と伝えて、探してもらったことが始まりです。最初から香港一本だったんです」

――そこで昨年、川崎がACLで対戦したイースタンSCにつながっていくと。

「移籍できたのは2人の選手のおかげなんです。まず、香港で活躍している中村祐人という選手が、僕にペガサスとイースタンというクラブに話を振ってくれました。香港は、どこのチームに行っても誰かしら友達がいたり、元選手が強化部をやっているなど、密な関係にあります。その中で祐人を経由してペガサスが先に、12月の頭にオファーをくれました。僕はOKと返答したんですけど、ここから思わぬ事態が起きたんです」

――何が起きたんですか?

「仲介人の方が『全然向こうから連絡が返ってこない』と。その2週間後にACLで川崎の通訳をしていた方と連絡を取ったら『香港に来た方がいいです』と言われて、すぐ香港に日帰りで飛び立ちました。

 ペガサスからは何の連絡もなかったんですが、この時に練習場で出会ったソン・ミンチョルという在日の選手が、アジアに強い仲介人との橋渡しをしてくれたんです。『イースタンが欲しがっています。サインしに香港来てください』と言われました。『急過ぎでしょ(笑)』と思いましたけど、また2日後に香港に行って、無事契約したんです」

【次ページ】 香港でもJリーグはすごく見られている。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井川祐輔
川崎フロンターレ
イースタンSC

Jリーグの前後のコラム

ページトップ