JリーグPRESSBACK NUMBER

元フロンターレ井川祐輔の香港挑戦。
「裏海外組の凄さを知ってほしい」 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byKawasaki Frontale

posted2018/07/09 17:00

元フロンターレ井川祐輔の香港挑戦。「裏海外組の凄さを知ってほしい」<Number Web> photograph by Kawasaki Frontale

12シーズンにおよぶフロンターレ生活の後、香港移籍を決めた井川祐輔。そのプレーと表情には充実感が漂う。

「ボールを持ったら爆弾だと思え」

――井川選手が加入後、チームに伝えようとしたことはあるんですか?

「最初は川崎のようなパスサッカーの素晴らしさやポジショニング、“出したら動く”など風間(八宏)さんが言っていたようなことを伝えていました。ただ、イースタンは年齢が上の人が多いからか、固定観念があった。なので教えてもすぐにできるような感じではなかった。

 例えば30歳ぐらいの選手に話を聞くと『ボールを持ったら爆弾だと思え。すぐに離せと教わった』と言う選手もいましたし(笑)。自分がやりたいことと現実のギャップが大きくて、これを改善するには若い世代からやらないと変わらないなとも思いました」

――難しい環境ですね。

「でも、実際に過ごしてみると、すごく楽しいし刺激的で、これをオレは求めていたんだなって感じます。それに加えて香港サッカー、そして香港にいる日本人の子供たちのために、もっと伝えられることがあるのではないかと勝手な使命感を抱いています」

――香港サッカーに対して、すごく情熱が伝わってきます。

「自分自身も香港で気づくことがありました。それは、自分が動くべきと思ったら、とりあえず行動を起こすことが大事だということです。もしそこで動いていなければ、祐人とミンチョルに出会えず、移籍もできていなかった。弾丸の日程でも行ったことによって何かが起きた。すごく良い経験になりました」

――行動に移すことは簡単ではないですよね。

「日本にいる時は契約交渉など仲介人に任せっきりで、それが当たり前だと思っていました。だけど、香港に移籍する際には、自分でやらなくてはいけないんだと35歳にして知りました。

 祐人やミンチョルがまさにそうですが、言葉もわからない環境の中で暮らし、スパイク1つで契約を勝ち取るというのは、僕から見てすごいことだなと思う。何より、いち人間としてのサバイバル感が半端ない。世間的にはヨーロッパで活躍する選手が海外組として取り上げますが、僕はアジアなどでスポットライトが当たっていない“裏海外組”もすごいんだよ、というのをもっと伝えたいと思いますね」

――そういう人たちのサッカーへの愛情は凄そうですね。

「裏海外組はサッカーを頑張っているけど、Jリーグに入れない人にとっても勇気づけられる存在ではないかな、と。彼らの存在を知れば“俺もやってみよう”という人が増えると思いますし、そこから才能が開花して日本に逆輸入という形があればもっと面白いと思うんです」

【次ページ】 川崎と香港の架け橋になれるのではと。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井川祐輔
川崎フロンターレ
イースタンSC

Jリーグの前後のコラム

ページトップ