JリーグPRESSBACK NUMBER

元フロンターレ井川祐輔の香港挑戦。
「裏海外組の凄さを知ってほしい」 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byKawasaki Frontale

posted2018/07/09 17:00

元フロンターレ井川祐輔の香港挑戦。「裏海外組の凄さを知ってほしい」<Number Web> photograph by Kawasaki Frontale

12シーズンにおよぶフロンターレ生活の後、香港移籍を決めた井川祐輔。そのプレーと表情には充実感が漂う。

川崎と香港の架け橋になれるのではと。

――井川さん自身、日本と香港の架け橋になるために考えていることはあるんですか?

「例えば、サッカースクールもそうですし、短期留学というか、香港の子供たちを日本に連れてきて試合を見たり交流してもらったりして、いろいろな経験を持ち帰ってもらうということができればいいなと思っています。

 今も川崎とコミュニケーションを取っていますが、12年間川崎に在籍したのは僕の強みでもあります。そういうところでキャリアを生かしたいと思っていて、そこでうまくコミュニケーションを取れれば、川崎と香港の架け橋になれるのではないかなと」

――川崎はいろいろなことにトライするクラブだからこそ、できることも多そうですね。

「現地に来て気づきましたが、リーグ優勝したり、ACLに何度も出たりすることで、川崎フロンターレがアジアでもネームバリューがあることを実感しました。

 例えばイースタンに入ってすぐタイ合宿があったんですが、タイ人のマッサージ師が『川崎にいたのか』とかと言ってくるんですよ。あと『岩政大樹、知ってるか?』とも言われました(笑)。そういった話題ができるのは僕のバックグラウンドに川崎があるからだし、川崎と出会えてよかったなと感謝しています」

――香港でいろいろなことを学んでいるんですね。

「これは最後に言っておきたいんですが、改めて日本を離れて、日本の良さを知ったという感じです。日本にいたら、これが当たり前と思って全然気づかなかった。日本の常識は世界の常識ではないし、他の国の常識は日本の常識ではないので、それを知れたことは個人的に大きいです。

 あとは奥さんの支えがあって初めて成り立っていて、やはり彼女がチャレンジしたいなら応援するというふうに言ってくれたことが後ろ髪引かれずにやれている部分だと思うので、彼女と子供たちには感謝したいですね」

<緊急アンケート> Jリーグ史上最高の外国人選手は誰だ? ~雑誌「Number」連動企画~

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井川祐輔
川崎フロンターレ
イースタンSC

Jリーグの前後のコラム

ページトップ