JリーグPRESSBACK NUMBER

元フロンターレ井川祐輔の香港挑戦。
「裏海外組の凄さを知ってほしい」 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byKawasaki Frontale

posted2018/07/09 17:00

元フロンターレ井川祐輔の香港挑戦。「裏海外組の凄さを知ってほしい」<Number Web> photograph by Kawasaki Frontale

12シーズンにおよぶフロンターレ生活の後、香港移籍を決めた井川祐輔。そのプレーと表情には充実感が漂う。

香港でもJリーグはすごく見られている。

――すごい流れですね。ちなみに香港のサッカー人気はどうなんですか?

「サッカー人気はあると思いますが、スタジアムに足を運ぶ人は少ないんです。ホームスタジアム、だいたい平均1000人いかないくらいです。ただイギリスの植民地だったということもあって、プレミアリーグの影響は強いと思いますね」

――Jリーグ人気はあるんですか?

「香港人は日本が大好きで、Jリーグをすごく見ているんですよ。だからACLやJリーグで川崎があまり勝てていない時期はかなり言われました。『どうしたんだよフロンターレ』って(笑)。ジョークで『お前がいなくなって弱くなったな』と言われて『そう、そう』とやり取りできるぐらいで、このシーズンオフにもチームメートの多くが日本に観光しに来ているくらいですよ」

――香港と日本の環境はどれほど違いますか?

「移動は電車やバスですし、練習場も人工芝です。試合のピッチもボコボコで『今日はビーチサッカーだな』と笑い話にするような環境でやっています。シャワーを浴びるところもキレイではないし、自分たちでシャンプーなどを用意しなくてはいけないので最初はビックリしました。Jリーグだとホペイロがいてシャンプーなどは用意されていますからね。

 だから自分が大量にシャンプーを買っていって『これ、使っていいよ』と言ったら『それ、いいシステムだな!』とチームメートが言うんです。でも僕とすれば『なんでやってこなかったんだよ』と言いたいんですが(笑)。あと移籍当時は結構髪が長くてドライヤーがないから寒かった。それを周りの選手たちが『井川、ディスイズ香港だよ』と言ってきて、ああ、これも香港かと」

――(笑)。サッカーのレベルはどう感じていますか?

「J2の下位からJ3くらいですね。ただ、だからといって誰もが活躍できる場所ではないです。行く前は『Jリーグから行くわけだし、活躍できるだろう』と密かに思っていましたけど、やはりサッカーのスタイルは川崎とは違うし、選手も違う。自分が『こういうサッカーをしたい』と押し通しても、チームとして上手く回らない。チームに順応することを考えないと活躍できないと感じました」

【次ページ】 「ボールを持ったら爆弾だと思え」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井川祐輔
川崎フロンターレ
イースタンSC

Jリーグの前後のコラム

ページトップ